07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月  |HOME管理

2014.10.24 (Fri)

青山剛昌ふるさと館



 先週の金曜日のブログでは、「コナン駅」を紹介しました。
 鳥取県にある由良駅の愛称が「コナン駅」です。

 どうして、由良駅が「コナン駅」なのか?
『名探偵コナン』の作者である青山剛昌さんの出身がこのあたりということに由来しています。



 コナン駅から徒歩20分のところに、「青山剛昌ふるさと館」があります。

   青山剛昌ふるさと館 http://www.gamf.jp/

 その20分の間に、コナン大橋があったり、コナン通りがあったり……、それはまた後日に紹介します。

 今日、紹介するのは、青山剛昌ふるさと館のエントランス付近。
 じつは、私は行ったことがなくて、息子が一人で行ってきたのです。
 そのときに撮った写真の中に、面白いものが写っていました。





【 続きです! 】



   ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 これ、『名探偵コナン』を見ている人ならご存じですよね。
 阿笠博士の車です。



 え~っと、前にも書いたかな。
 『名探偵コナン』の登場人物の名前には、名探偵、作家などを思わせる名前が使われています。
 「毛利蘭」は、「モーリス・ルブラン」ですね。

 でも、「灰原哀」の由来がわからない。
 そんな探偵さんがいた?


   ※ YAIBA もいました。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 鳥取県 - ジャンル : 地域情報

タグ : モーリス・ルブラン 毛利蘭 灰原哀 阿笠博士 青山剛昌 名探偵コナン 由良駅 鳥取県 コナン駅

00:10  |  中国地方  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/1721-01a927a6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |