07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月  |HOME管理

2014.09.01 (Mon)

茱萸坂(ぐみさか)



 昨日に続いて、「坂」の話題です。

 国会議事堂の付近を歩いていたら(正確にいうと、国会議事堂の南側)、「へぇ~、こんな名前の坂があるんだ」と楽しくなって、写真に撮った。

   茱萸坂(ぐみさか)

 この辺りで、茱萸がたくさん取れたのかな?
 お、何か書いてあるぞ!


   ※茱萸坂
   ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


------------------------------------------------------------------
 永田町一丁目、国会議事堂の南側を東に下る坂です。その先は潮見坂に続きます。番付坂と呼ばれたこともあります。『新編江戸志』では「丹羽家表門見通し、内藤紀伊守殿本多伊勢守殿中屋敷の間、九鬼長門守殿屋敷の前に出る小坂なり。両側にぐみの木ありし故の名なり。」とあります。
 『新撰東京名所図会』には、「永田町一丁目と三年町の間を清国公使館前に上る坂を呼ぶ。番付坂は茱萸坂の一名にして、昔時山王の祭礼には、必ず此ところにて、花車の番付札ありて其の行列をあらためしよりいう。」とあります。
                             ※千代田区観光協会HPより 
------------------------------------------------------------------


 なるほど、ぐみの木があったからそう呼ばれるようになったのですね。

 正直なところ、歩いていても傾斜を感じなかったのだけど、まだまだ元気だと言うことでしょうか?



関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 東京23区 - ジャンル : 地域情報

タグ : 千代田区 番付坂 潮見坂 永田町 茱萸 茱萸坂 国会議事堂

06:00  |  東京  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/1668-a46e9407

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |