09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月  |HOME管理

2014.08.08 (Fri)

「本能寺の変」の本能寺


   ※京都市中京区寺町通御池下ルの「本能寺」

 以前のブログで「本能寺」を紹介した。
 紹介した「本能寺」は、「本能寺の変(1582)」があった本能寺ではない。

 「本能寺の変」があった本能寺は燃えてしまったので、1591年に現在の場所に移転させられている。

 では、「本能寺の変」があった本能寺はどこにあったのか?
 そこに行ってみたいと以前から思っていた。

 先日、ついに訪れることができました!

【 続きです! 】




 元本能寺南町(地図)、タクシーにお願いして、細い路地を入っていってもらった。
 おお、ここだ!


   ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



   ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 少しくらい、なにかお寺の後が残っているかと思っていたのですが、なぁ~んにもなかった。

 この付近のどこかに、もう一つ下の写真のような石碑があるそうなのですが、見つけることができなかった。残念。


   ※ウィキペディアから

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 京都 - ジャンル : 地域情報

タグ : 本能寺趾 元本能寺南町 1582 本能寺の変 本能寺 明智光秀 織田信長

00:10  |  京都  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

まいねさんへ

こんにちは、

本能寺の「能」の字の話は、よく聞く話ですね。
「ヒ」が二つも入ってますから、気になっちゃうのでしょうね。

ただ、本能寺のためにわざわざ作った字ではなく、当時はよく使われてた字であるという説明もあります。
星田直彦 |  2014.08.10(日) 13:53 | URL |  【編集】

縁起を担ぐ

 いつも楽しみにしています。
 とうとう本来の(?)本能寺にたどり着かれたのですね。
 それより今回は「度々火事にあったのでヒの字が重なるのを忌んで別の字を使った」という碑文に感心しました!
 結構そういう縁起を担ぐことってしますよね!
 旧「国鉄」も、「国が金を失うとは何事ぞ」といって「鉄」の字のことを「金矢」と書いていたというし。
 何気なく見たり書いたりしていると「本能寺」という字の連なりには火なんか関係ないと思っていますが「こんなところにヒが!」と気がついてしまうと気になってしょうがなくなるのでしょうか。ちょっと面白かったです。
まいね |  2014.08.09(土) 13:00 | URL |  【編集】

アンギラスさんへ

こんにちは。

なるほど、移転はけっこうあるのですね。
火事で移転という場合もあるでしょうけど、政治的な理由で移転というのもあるのでしょうね。
星田直彦 |  2014.08.08(金) 15:43 | URL |  【編集】

社寺の移転

結構、ありますよね。

この前のブログにあった豊国神社(大阪)は、中之島から大阪城・桜門前に移築されたし、
生国魂神社は、秀吉によって大坂城(石山本願寺)から谷町9丁目へ移転されました。

http://tois.nichibun.ac.jp/chizu/
で、古い地図を見たら、他にも見つかるかも。
アンギラス |  2014.08.08(金) 05:23 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/1644-71edc6d1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |