07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月  |HOME管理

2014.07.25 (Fri)

ネイピアの棒



 (株)KADOKAWA のビルが、東京の飯田橋駅から歩いてすぐのところにある。
 8月の末に刊行予定の本の原稿の打ち合わせで、先日、初めてKADOKAWA のビルに行った。

 打ち合わせが終わった後、東京理科大学の「近代科学資料館」に寄ってみた。
 こちらも、飯田橋の駅から歩いてすぐだ。

     近代科学資料館  http://www.tus.ac.jp/info/setubi/museum/

 8月8日まで「計算する器械たち」という企画展が行われている。



 私が今日紹介する「ネイピアの棒」は、この企画に関連して展示されているのか、それともいつも展示されているのか、ちょっとわからない。

「ネイピアの棒」という言葉を初めて聞いた人もいらっしゃるでしょう。
 こんなのです!
 さて、これが、どんな役に立つのか?


   ※近代科学資料館から撮影の許可をもらっています。

【 続きです! 】



   ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。
   ※近代科学資料館から撮影の許可をもらっています。


 これは、「ネイピアの棒」とか「ネイピアの骨」とか呼ばれています。

 この棒をうまく使うとかけ算を手早く行うことができます。
「手早く」と言っても電卓にはかないませんが、下の説明をよく見れば、小学校で習ったかけ算の筆算と同じ原理だとわかります。

 なかなか面白いでしょ!


   ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。
   ※近代科学資料館から撮影の許可をもらっています。


 数学史の中でネイピア(1550~1617)といえば、むちゃくちゃ有名な人なのですが、その話はまたいつか!

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 数学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 数学史 ネイピア ネイピアの骨 ネイピアの棒 計算する器械たち 近代科学資料館 東京理科大学 飯田橋 KADOKAWA

00:10  |  数学  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

たっちゃんへ

こんばんは。

この近代科学資料館には、電卓以前の「計算道具」や「計算機」がたくさんあります。

特に、以前にブログでも紹介した、ぐるぐるレバーを回す式の計算機はたくさん並んでいます。

計算道具は、その時代、時代で非常に役に立つ道具だったのだと想像できます。
星田直彦 |  2014.08.03(日) 21:12 | URL |  【編集】

九九

中学1年で英語をはじめて学んだ頃、外国の子供は掛け算をどうしてるのだろうと思いました。
日本語での九九は、暗記と言うより語呂か歌として覚えたので、計算せずとも「ににんがし」「にさんがろく」「ひちくろくじゅうさん」と出てきます。

英語では「つつがふぉー」って言うんだろうか?
「が」は言わんやろ!
ほな「つつーふぉー?」「つすりしくす?」
でも「せぶんしっくすしくてぃすり」は言い難いで!

等と。

誰が発明したか知りませんが、十代は日本人の学力が高いのは九九のおかげとと思ってます。

その九九が無さそうな英語圏では画期的だったのでは?

同様の感想が有ります
小学校で「そろばん」を授業で習った時
「なんでこんな不便なもの使わなあかんの?」
「暗算の方が早いやん」

と思いましたが、今では1から9の足し算を5で折返し
1から3までの加減と指の反射動作に置き換える道具だったのかもと納得してます。

頭で計算せずに機械的動作で計算結果が出てくるのはそれなりに凄いことなのでは?
たっちゃん |  2014.08.01(金) 17:59 | URL |  【編集】

アンギラスさんへ

こんにちは。

なるほど。
私ははじめてこの「ネイピアの棒」を知ったときはけっこう感動しました。

》巧いこと考えたぜ!と得意顔してるネイビアさんでしょうけど、
》九九を知らない人間にしか利用価値が無さそう。

この部分を読んで、逆に想像することができました。

そうか!
当時(16世紀後半~17世紀初頭)は、九九ができる人が少なかったのでは?
かろうじてたし算ができる程度だったのでは?

この棒は、実際にどれほど普及していたのか、私は調べていません。
この棒の目的は、「この棒で計算することができるよ」程度だったのかもしれません。

でも、この棒を使いながら計算をすると、
小学校でのかけ算の筆算の仕組みがとてもよく見えてきます。
星田直彦 |  2014.07.26(土) 11:18 | URL |  【編集】

面倒くさい

いちいち掛ける数の段を抜き出した上、位ごとに足し算するんですよね。
それってかなり手間ですよね。しかも、その後にケタの繰上りがある足し算しないといけないし。

376×3=1128
376×80=30080
376×400=150400
1128+30080+150400=181608
筆算でやった方が早そうな気がします。

巧いこと考えたぜ!と得意顔してるネイビアさんでしょうけど、九九を知らない人間にしか利用価値が無さそう。
ネイビアさんって意外に世間知らずの学者バカに思えます。
アンギラス |  2014.07.25(金) 10:02 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/1630-29a88682

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |