09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月  |HOME管理

2014.07.15 (Tue)

かばんからネコを出す


   ※今日のブログの内容とは、関係のない写真。

 今日は、イディオムの話。
 さっそく、例文を。

   I'm sorry I let the cat out of the bag.

 何かを謝っています。そのまま訳してしまうと、
「かばんからネコを出してしまってごめんなさい」

 でも、これじゃあ、意味がわかりません。
 「かばんからネコを出す」とは、どういうことか?
 想像を働かせれば、本当の意味に近づくかもしれません。

【 続きです! 】


 こんな意味になります。

   I'm sorry I let the cat out of the bag.
   ごめんなさい、秘密をばらしてしまって。


 なるほど、ネコをかばんの中に隠し持っていたのですね。それを、出しちゃった。

 でも、この事態は、ネコの持ち主が意図的にかばんからネコを出したのかな?
 それとも、ネコのほうで勝手に出てきたしまったのかな?

   The cat is out of the bag.

という言葉もあるみたい。
 これは、ネコをブタだと言って売ろうとしたが、ネコが袋から飛び出てきてばれてしまったという話。
 そこから、「秘密が漏れた」の意味が生まれたそうだ。

 「spill the beans(豆をこぼす)」を使って、次のようにも言えます。

   I'm sorry I spilled the beans.
   ごめんなさい、秘密をばらしてしまって。


 ばらしてしまったものは、仕方がない。

   It's no use crying over spilt milk.
   覆水盆に返らず。


関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 英語 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 覆水盆に返らず ブタ 秘密 かばんからネコを出す

00:10  |  言葉  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

アンギラスさんへ

こんにちは。

私は、だいたい、かばんの中にネコを入れているというという状況がよくわかりませんでした。

入れるとしたら、どんな状況だろう?
家に置いておけないのかな?
そのネコは小さいのかな?
なぜ、「かばんの中」になのだろう?

そんなことを考えているうちに、「見つかるとやばい」のだろうと想像しました。

で、すこし、このイディオムの意味に近づいたわけです。
持ち主が出したのではなく、ネコのほうから出てきてしまったのですね、きっと。


星田直彦 |  2014.07.16(水) 16:36 | URL |  【編集】

「カバンから(貴方にとって役立つもの、便利なものを出したかったのに)寝てるだけで、ネズミを獲るくらいにしか役立たたないネコを出してしまいました」
=期待に沿えず(お役に立てず)すいません。だと思いました。

国民性や文化の違いですかね。
アンギラス |  2014.07.15(火) 09:04 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/1620-b3252f77

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |