09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月  |HOME管理

2014.06.30 (Mon)

♪哀愁でいと



 私は、トシちゃんの歌、嫌いではありません。
 いや、むしろ、大好きです。

 今回は、トシちゃんのデビュー曲。
 そういえば、『あまちゃん』に、トシちゃんのものまねをする人が出てたな。
 プロデューサーの荒巻さん(通称:太巻)は、トシちゃんの後ろで踊っていた経歴があるという設定でしたね。


   田原俊彦  『哀愁でいと』
   作詞・作曲:Andrew Joseph DiTaranto,Guy Hemric
   日本語詞:小林和子
   歌詞


 リリースされたのは、1980年の6月21日。
 もともとは、レイフ・ギャレットが歌っていた“NEW YORK CITY NIGHTS”。
 あ、まず、そっちを聞いてみますか?



 で、これが日本語の歌詞になると……

   赤い薔薇投げ捨て
   それで終わりにしようぜ
   はしゃぎ過ぎたあと しらけちまう

 当時は「勢い」で聞いていたから、歌詞をゆっくり読んだことがなかったけど、こんな歌詞だったんだ。

 オリコンで最高2位、年間10位。
 『ザ・ベストテン』では、1位を獲得。



 今見ると、そんなに激しいダンスではない(ように思える)。
 自分にも踊れるような……んなわけないか。

 当然のことながら、田原俊彦はこの年の紅白歌合戦に初登場。白組の2番手でこの歌を歌っている。
 対する紅組の2番手は、松田聖子の『青い珊瑚礁』でした。

 ちなみに、私はトシちゃんの歌の中では……、

   It's BAD
   ジャングルJungle

が、とってもかっこいいなと思うのです。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 懐かしい歌謡曲 - ジャンル : 音楽

タグ : ジャングルJungle 松田聖子 青い珊瑚礁 ザ・ベストテン 赤い薔薇投げ捨て レイフ・ギャレット 哀愁でいと 田原俊彦 トシちゃん

06:00  |  音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

アンギラスさんへ

こんにちは!

「哀愁でいと」の部分は、
わざと 「I should date!」と聞こえるように狙っていたみたいです。

ウィキペディアには、以下のようにありました。
――――――――
サビの「バイバイ哀愁でいと」という印象的なコーラス・フレーズは、「I should date」という感じでアメリカっぽく発音して下さいと、コーラス担当のEVEに依頼したという
――――――――

この、EVE というコーラスグループには、1回だけ紅白にも出場しています。

豆知識でした!

星田直彦 |  2014.07.01(火) 12:43 | URL |  【編集】

哀愁じゃなくて

Bye-Bye I should date!と聞こえて、義理で嫌々するデートとはバイバイして、本気のデートをする歌だと思ってました。
アンギラス |  2014.06.30(月) 18:47 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/1603-50ad12b2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |