09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月  |HOME管理

2014.06.10 (Tue)

素因数分解を可視化

 中学校の頃に「素因数分解」というのを学習したと思います。
 整数を素数の積の形に分解していくアレです。

 たとえば、75 なら次のように分解されます。

   75=3×5×5

 このことを、「75=3×5^2」と表します(『 ^2 』は「2乗」の意味)。

 この素因数分解の様子を、目で見てわかるような形に表現するサイトがあります。

   Factorization Diagrams



 中学生や数学の先生、数学ファンは必見です。
 ぜひ、ごらんください。

 きっと、このままず~っと見ていたい気持ちになります。
 ドットが軽やかにダンスを踊っています!

 ご覧になった後は、見逃さないでよかったという気持ちになります。

【 続きです! 】




 ソフトをインストールする必要などありません。
 ただ、下記のサイトをご覧いただくだけです。

   Factorization Diagrams

 いかがでしょうか?
 このままずっと見続けたい気持ちになったでしょ!

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 数学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 2乗 素数 素因数分解

00:10  |  数学  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

Comment

きくちゃんへ

こんにちは!

ご覧いただけましたか!
感動してくださったようですね!

星田直彦 |  2014.06.12(木) 14:37 | URL |  【編集】

うわー

見ました!

本当に途中でやめにくくなりました。

素因数に分解しているわけですから、
きれいに並べられるのは当然なんですが
私にはこういう発想が出てきません。

頭の構造が違うのでしょう。うらやましい限りです。

きくちゃん |  2014.06.12(木) 08:07 | URL |  【編集】

パスケルさんへ

こんにちは。

10000で止まるのですか!
さすがに1万までは試さなかったな~。

ブログでのご紹介、ありがとうございます。
問題の形にされていたのが面白かったです。
このような形での出題、私も使わせてもらうかもしれません。

拙著までご紹介いただきありがとうございます。
可能でしたら、ご感想など、お聞かせください。
amazonのレビューに書いていただけると、とってもうれしいです!

今後ともよろしくおねがいします。
いつか、お目にかかれる機会があればいいですね。
星田直彦 |  2014.06.11(水) 17:04 | URL |  【編集】

紹介させて頂きました

すいません。私のブログでも紹介させて頂きました。
http://www.musublog.jp/blog/pascal/?entry_id=22727
パスケル |  2014.06.11(水) 01:11 | URL |  【編集】

10000まで

早送りしてみたら、ものすごいスピードで動いていって、最後10000で止まりました。
最後に桜がパッと咲く、そんな感じです。
パスケル |  2014.06.10(火) 23:54 | URL |  【編集】

パスケルさんへ

こんにちは!

》確かに見ていて飽きないですね!

そうでしょう。
いったいどこまで進むものかと、かなりの時間、放っておいたのですが、4桁になっても対応しています。
どうなってんだろうと思います。
星田直彦 |  2014.06.10(火) 12:05 | URL |  【編集】

これは楽しい!

確かに見ていて飽きないですね!
美しいです。

121のときは感動しました。
360は・・・まだ見ていません(^^;)
パスケル |  2014.06.10(火) 05:24 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/1582-7042aa4d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |