07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月  |HOME管理

2013.10.10 (Thu)

その一言が余計です



 私は「ら抜き」は許せる。
 許せるどころか、「尊敬」「受身」と「可能」の区別ができて、便利だと思っている。

 しかし、「なので~」と言われると、私は反応してしまう。

 できれば、その「なので~」はやめてほしい。
 なぜなら……、

 「なぜなら」と考えたときに、「なので」も「だから」も、そんなに違わないということに気づいてしまった。

 「なので~」がだめなら、「だから~」もだめだ。
 う~ん、私はどうしたらいいんだ?

 こういうタイミングで、見つけた本。


    『 その一言が余計です 』  山田 敏弘

------------------------------------------------------------------
「まあ、がんばって」
「全然おいしい」
「書かさせていただきます」

 こんなことばをつい使っていませんか?
 使う側には悪気はなくても、これらの表現には聞き手の気分を害する「余計な一言」が潜んでいます。
 では、聞き手はなぜ苛立つのでしょうか?
 文法的な違和感、談話におけるくいちがい、敬意の示し方と受け取り方のずれといった観点からその構造を解説し、ことばの正しさの本質に迫ります。
------------------------------------------------------------------


 「司会をさせていただきます○○です」は、「やめてくれ~」と思う。
 「司会を担当します○○です」や「司会の○○です」でいいじゃないか。

 「させていただきます」には、「私にはできるかどうか不安ですが」とか、「本当はやりたくはないのだが」の気持ちが読み取れる。


 「私が司会をやれるなんて光栄です」の気持ちを込めて「させていただきます」なら、許す。

 などなど考えていたのだが、これは私がそのようにして使ってきたから、そのように使ってほしいという願いとかに反しているだけで、理由がすべて「自分」にある。

 こういうことにイライラしている人が読むと、すこしは気楽に考えるようになれる本です。
 なんと、対処法まで書かれてあるのですから!

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : その一言が余計です 山田 敏弘 なので ら抜き

06:00  |  本の紹介  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/1338-a9cd3469

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |