09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月  |HOME管理

2013.09.14 (Sat)

電球とLED



 ダイニングの照明の電球が切れた。
 使っていた電球は、LED電球ではなく、ボール型の白熱電球。

 以前、別の場所の電球が切れたときに、同じ物を買おうと思って電器店に行ってみたが、同じ物がない。
 今回もきっと見つからないだろう。

 そもそも電器店に白熱電球を置いていない。
 LED電球ばっかり。

 それ、あかんでしょ。
 だって、値段が高いよ~。

 白熱電球の価格とLED電球の価格で、「白熱の戦い」を繰り広げてくれればいいけれど、もう、全然違う。

「でも、LEDの方が省エネだし、長持ちするよ」

 そうだとしても、初期費用がこれだけ違うと~。

 たとえばよ、今は、これだけしかお金がないんだってとき、どうすんの?
 予算が決まっている施設だったら、そういう場面たくさんあるでしょ。

 10年使い続けるわけではない、そんなに長持ちしても仕方がないって場合もあるでしょ。
 来年転勤になるから、このマンションに住むのはあと半年だな~とか。

 で、私は、ネットで探して、白熱電球を購入したのでした。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : どーでもいぃ報告 - ジャンル : 日記

タグ : 初期費用 長持ち 省エネ 白熱電球 LED 電球 照明 ダイニング

06:00  |  つぶやき  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

たっちゃんへ

こんばんは。

事情はさまざまあるはずなのに、
白熱電球が買えないなんてこまっちゃいますよね。

地上デジタルの時よりも、
影響は大きいと思ってますが、
地上デジタルの時の方が、
話題になりましたね。
星田直彦 |  2013.09.20(金) 21:39 | URL |  【編集】

白熱球とLED球の間

「平◯和正」の小説の中で、かつてGEは電球工場の償却のため蛍光灯の特許取って作らなかったとか。

テレビのブラウン管と白熱電球は1~2年前に国内生産を終了したと聞きました。

蛍光灯工場の償却が済むまで蛍光灯型のLED管は高値安定のような気がします。


某保養所、昭和末期建築で筑後約30年。
照明はほとんどが白熱電球。
そして月間利用者が平均1~2組。
省エネ化したいけど、電気代の差額だけではLED化の償却に20年以上掛かりそう。
その頃にはもっと安くなってるだろうし。

電球型蛍光灯ニしました。
百均で購入。これなら1~2年で元が取れそう。
あっもう取れてる頃だ。
たっちゃん |  2013.09.20(金) 17:48 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/1311-125cb66d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |