07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月  |HOME管理

2013.07.11 (Thu)

残月 みおつくし料理帖



 人気シリーズの第8巻。
 第7巻からかなり待った気がする。

     残月 みおつくし料理帖     高田 郁

------------------------------------------------------------------
 吉原の大火、「つる家」の助っ人料理人・又次の死。辛く悲しかった時は過ぎ、澪と「つる家」の面々は新たな日々を迎えていた。
 そんなある日、吉原の大火の折、又次に命を助けられた摂津屋が「つる家」を訪れた。あさひ太夫と澪の関係、そして又次が今際の際に遺した言葉の真意を知りたいという。
 澪の幼馴染み、あさひ太夫こと野江のその後とは―――(第一話「残月」)。
 その他、若旦那・佐平衛との再会は叶うのか? 料理屋「登龍楼」に呼び出された澪の新たなる試練とは……。
 雲外蒼天を胸に、料理に生きる澪と「つる家」の新たなる決意。
 希望溢れるシリーズ第八弾。
------------------------------------------------------------------


 前巻が暗く重苦しい話が多かったのだが、第8巻はほんのりと明るい。
 むしろ、物語がようやく始まったという感じすらします。
 どんどん読みたくなる。

 今回は、物語の展開が速い。
 こんなに出来事が次々と起こるものだ。

 しかし、その流れに無理がない。
 そうそう、そういうこともそろそろ起こるだろうなという時期に、起こっている。
 すべて、著者の計算なのだろう。

 料理に関する描写は、これまでのシリーズよりすこしすくないかも。
 これだけエピソードが満載なら、仕方ないか……。
 でも、相変わらず、うまそうだ。

 そういえば、小松原はまったく登場しなかった。

 ラストの話はよかったなぁ。
 次巻を早く読みたい!

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 雲外蒼天 又次 つる家 残月 みおつくし料理帖 高田郁

06:00  |  本の紹介  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/1245-954ac6bf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |