07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月  |HOME管理

2013.07.01 (Mon)

あげまい 広辞苑散歩28


   ※徳川吉宗。ウィキペディアから。

 『広辞苑』を読んで、心に引っかかった項目を、ブログで紹介する――という企画。5月、6月は、お届けすることができませんでした。

 今回で、28回目。
 引き続き、「あ」の項目です。

 長い長い企画になりそうです。

 今日は、4項目!

------------------------------------------------------------------

あげ‐ほん【上本】
芝居の上演前に、興行願書とともに警察へ差し出した正副2通の台本。第二次大戦後廃止。伺い本。


★そういう制度があったのか! 警察は、当然、内容について審査していたんだろうな。場合によっては、興業ができないこともあったのだろう。
★「昔はこういうことがあったんだよ!」と、私が若い世代に話をすることが多くなった。私も聞かせてほしい。

------------------------------------------------------------------

あげ‐まい【上米】
享保の改革で将軍徳川吉宗が幕府の財政窮乏を救うため、1722年(享保7)諸大名に命じて、1万石につき百石の割で上納させた米。30年廃止。


★そういうことを歴史の時間に学習した。でも、今の方がその政策の意味がよく理解できるような気がする。
★各藩の反発は必至だっただろう。でも、こういう方法を採るしかなかったというほど、困窮していたということか。

------------------------------------------------------------------


   ※首都、ペルセポリスの遺跡。ウィキペディアから。

アケメネス‐ちょう【―朝】
(Achaemenes) キュロスの開いた古代西アジアのペルシア系王朝。最盛期はダレイオス一世時代で、パンジャブからトラキアに至る地域を領有。前331年アレクサンドス大王により征服された。(550~331)


★アケメネス朝ペルシャを建国したのは、キュロス2世。最後の王様は、ダレイオス3世。
★「ササン朝ペルシャ」というのもあったなぁ。

------------------------------------------------------------------


 もう1項目、あるよ! 「あこや」です。

【 続きです! 】


------------------------------------------------------------------


   ※アコヤガイ(ウィキペディア)

あこや【阿古屋】
(1) 愛知県半田市付近の古地名。
(2) 阿古屋貝の略。
(3) 阿古屋珠(ダマ)の略。


★アコヤガイといえば、真珠の養殖。真珠の核には、別の貝の貝殻を使っているというのはけっこう有名。
★そうか、「あこや」って地名だったんだ! 阿古屋で採れた真珠が、「阿古屋珠(あこやだま)」。だから、真珠自体を「阿古屋」とよぶようになったそうな。

------------------------------------------------------------------

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 雑学・情報 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : アコヤガイ ダレイオス3世 ペルシャ アケメネス朝 ペルセポリス 享保の改革 上米 芝居 上本 徳川吉宗

06:00  |  雑学 ★雑木話★  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/1235-491367e4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |