09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月  |HOME管理

2013.06.06 (Thu)

くちびるに歌を



 「いいよ」と薦められた本。

 中田永一さんの本を読むのは、『吉祥寺の朝日奈くん』以来。


     くちびるに歌を     中田 永一

------------------------------------------------------------------
 長崎県五島列島のある中学合唱部が物語の舞台。
 合唱部顧問の松山先生は産休に入るため、中学時代の同級生で東京の音大に進んだ、元神童で自称ニートの美しすぎる臨時教員・柏木に、1年間の期限付きで合唱部の指導を依頼する。
 それまでは、女子合唱部員しかいなかったが、美人の柏木先生に魅せられ、男子生徒が多数入部。ほどなくして練習にまじめに打ち込まない男子部員と女子部員の対立が激化する。
 夏のNコン(NHK全国学校音楽コンクール)県大会出場に向け、女子は、これまで通りの女子のみでのエントリーを強く望んだが、柏木先生は、男子との混声での出場を決めてしまう。
 一方で、柏木先生は、Nコンの課題曲「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」にちなみ、十五年後の自分に向けて手紙を書くよう、部員たちに宿題を課していた。提出は義務づけていなかったこともあり、彼らの書いた手紙には、誰にもいえない、等身大の秘密が綴られていた――。
------------------------------------------------------------------


 舞台は、中学校の合唱部。

 中学校かぁ……。
 自分が中学校で教えるという立場なので、なかなか物語の中に入り込むことができなかった。

 本の半分くらいまできて、加速度がついてきた。
 そこからは一気に。

 特にどんでん返しはないのだが。
 主要な登場人物のそれぞれがコンクールを通して、変容していく様子が温かく描かれている。

 ラスト、涙腺が弱い人は泣いてしまうかもしれない。
 私は、涙腺が弱いのです。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 紹介したい本 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : NHK全国学校音楽コンクール アンジェラ・アキ 合唱部 五島列島 長崎県 くちびるに歌を 吉祥寺の朝日奈くん 中田永一

06:00  |  本の紹介  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/1210-43dbb253

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |