07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月  |HOME管理

2013.05.30 (Thu)

ビブリア古書堂の事件手帖4



 人気シリーズの第4巻。

 ずっと前に手に入れていたのだが、読むのが今頃になった。
 剛力彩芽、AKIRAでドラマ化もされたし、知名度は高くなったであろう。

 ここんところ、忙しかったのだが、読んでしまった!

     ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~
    三上 延

------------------------------------------------------------------
 珍しい古書に関係する、特別な相談―謎めいた依頼に、ビブリア古書堂の二人は鎌倉の雪ノ下へ向かう。
 その家には驚くべきものが待っていた。稀代の探偵、推理小説作家江戸川乱歩の膨大なコレクション。それを譲る代わりに、ある人物が残した精巧な金庫を開けてほしいと持ち主は言う。
 金庫の謎には乱歩作品を取り巻く人々の数奇な人生が絡んでいた。そして、深まる謎はあの人物までも引き寄せる。美しき女店主とその母、謎解きは二人の知恵比べの様相を呈してくるのだが―。
------------------------------------------------------------------


 第4巻の内容は、江戸川乱歩に関わる物語。

 これは、テレビドラマの最後の2話分。
 テレビの方は、1クールで追いついちゃったんだ。

 テレビを余り見ない私が、このドラマは見てたから、話の筋はわかっていた。
 でも、ところどころ本の内容とは違っていた。

 面白かった!
 今回は大輔と栞子の仲がすこし進んだ。この先が楽しみだ。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : AKIRA 剛力彩芽 江戸川乱歩 三上延 ビブリア古書堂の事件手帖 栞子さんと二つの顔

06:00  |  本の紹介  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

きくちゃんへ

こんばんは

》間もなく終わるのが悲しい

え?
そうなんですか!?

次の巻で終わるとか?
もっと続けて欲しいなぁ。
星田直彦 |  2013.06.03(月) 23:45 | URL |  【編集】

よかった!

私は読んでから見ました。

キャスティングを知ったとき、長髪ではないしイメージが違うのではと思ったのが
終わる頃には、むしろテレビの方が合っていると思うようになりました。

知識欲を満たしてくれ、ほのぼのとした気持ちにもさせてくれる、いい本だと思います。

間もなく終わるのが悲しい・・・
きくちゃん |  2013.06.03(月) 17:14 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/1202-0fe93d0c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |