07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月  |HOME管理

2013.03.08 (Fri)

グレープバイン



 今日は、英語表現。

   I heard it through the grapevine.

 「私はそれを聞いた」。ここまでいいですよね。
 その後のフレーズ。

   through the grapevine

 「グレープバイン」を通して……?

 「グレープバイン」というのは、「ブドウの蔓(つる)」。

 さあ、これだけで想像してください。
 どういう意味でしょう?

【 続きです! 】


 再度、元の文章と意味を書きます。

   I heard it through the grapevine.
   私はそれを、噂で聞きました。


 「口コミで」と訳してもいいかもしれない。

 でも、どうして、「ブドウの蔓」を通すことが、「噂で」になるのかなぁ?

 『広辞苑』にもありました。

------------------------------------------------------------------
grapevine
1 ブドウのつる[木].
2 [the ~] うわさ[情報]の秘密経路.
------------------------------------------------------------------


 そうか!
 あの蔓の様子が、秘密の経路のように見えたんだ!

 この蔓を通って、情報が伝わるような感じ。
 電話線の感覚だな。

 ということは、この言葉ができたのは、電話の発明後だろう。

 あの電話線の中を、誰かと誰かの会話が通っている。
 だけど、その2人以外は、それを聞くことはできない。
 一体、どんな内容が話されているのだろう?

 ――なんて考えると、「噂で」という意味に近づいてきますね!

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 英語 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : ブドウ ブドウの蔓 グレープバイン grapevine

00:10  |  言葉  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

土田 滋さんへ

こんにちは。

なるほど~。
私は、「細い線状のもの」の中を情報が伝わっているという感覚だったのです。

うじゃうじゃなっている様子が、話がこんがらがっている雰囲気なのですね。
あると思います。


星田直彦 |  2013.03.08(金) 17:54 | URL |  【編集】

ブドウの蔓

いえ、やはりブドウの蔓のように、あっちこっち曲がりくねって
(つまり人から人へと伝わり伝わりして)やってきた話だから噂
なんでしょう。

土田 滋
土田 滋 |  2013.03.08(金) 09:22 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/1118-5f866870

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |