FC2ブログ
01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月  |HOME管理

2020.02.28 (Fri)

円の面積を直径で表す?

 今日は、2014年にブログで紹介した内容の「復習」です。
 先日、学生から質問されたのです。

「先生、円の面積の公式は、どうして半径を使うのですか? 直径だとダメですか?」

 おお、なかなか柔らかい発想ですよね。
 円の面積を求める公式に、半径を使うメリットはあります。
 同時に、直径を使うメリットもあります。
 本当は、両方とも知っておくと便利で、幅が広がります。

 下の図をご覧ください。
 正方形の中に、円がすっぽり入っています。
 数学の先生は、この状況を「円が正方形に内接している」と言います。

 このような場合、円の面積は、正方形との比較で述べる方がわかりやすいわけです。
 さて、どんな式になるのでしょうか?

 今からやろうとしているのは、こういうことです。

   (円の面積)=(半径)×(半径)×(円周率)
   (円の面積)=(直径)×(直径)×( ? )

 この( ? )には、どんな値が入るのでしょうか?

スポンサーサイト





テーマ : 数学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 円積率 円周率 内接 正方形 直径 半径 円の面積 3.14 0.785

00:10  |  数学  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)
 | HOME |