FC2ブログ
01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月  |HOME管理

2020.02.20 (Thu)

マスカレード・ホテル



 東野圭吾の小説の映画化。
 これは、私も読んでいる。
 どのように映像化されているか、楽しみ。

   『 マスカレード・ホテル 』

------------------------------------------------------------------
 都内で起こった3件の殺人事件。
 すべての事件現場に残された不可解な数字の羅列から、事件は予告連続殺人として捜査が開始された。警視庁捜査一課のエリート刑事・新田浩介(木村拓哉)はその数字が次の犯行場所を示していることを解読し、ホテル・コルテシア東京が4番目の犯行場所であることを突きとめる。
 しかし、犯人への手掛かりは一切不明。そこで警察はコルテシア東京での潜入捜査を決断し、新田がホテルのフロントクラークとして犯人を追うこととなる。そして、彼の教育係に任命されたのは、コルテシア東京の優秀なフロントクラーク・山岸尚美(長澤まさみ)。
 次々と現れる素性の知れない宿泊客たちを前に、刑事として「犯人逮捕を第一優先」に掲げ、利用客の“仮面”を剥がそうとする新田と、ホテルマンとして「お客様の安全が第一優先」のポリシーから、利用客の“仮面”を守ろうとする尚美はまさに水と油。
 お互いの立場の違いから幾度となく衝突する新田と尚美だったが、潜入捜査を進める中で、共にプロとしての価値観を理解しあうようになっていき、二人の間には次第に不思議な信頼関係が芽生えていく。
 そんな中、事件は急展開を迎える。追い込まれていく警察とホテル。果たして、仮面(マスカレード)を被った犯人の正体とは……。
------------------------------------------------------------------


 期待を裏切らない面白さだった。
 まあ、原作があれだけ面白いのだから、当然なのかもしれない。
 でも、実際に映像になると、ホテルの雑然とした感じや、少々ハイクラスな感じが映像として見られて、小説では描ききれない部分も描かれているような気がした。

 長澤まさみの配役が、すばらしい!



 133分。

 続編の『マスカレード・イブ』は読んだが、『マスカレード・ナイト』はまだ読んでいない。
 読んでみたくなった。

スポンサーサイト





テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

タグ : マスカレード・ナイト マスカレード・イブ ホテル・コルテシア 長澤まさみ 山岸尚美 木村拓哉 新田浩介 マスカレード・ホテル 東野圭吾

06:00  |  映画・テレビ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |