FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月  |HOME管理

2019.12.01 (Sun)

京都御所


   京都御所に入る
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 京都御所なんて、簡単には入れないと思っていた。
 入るためには何ヶ月も前に予約を入れて……、確かそんな感じだった記憶があるのだが、「明日は京都御所に行こう」くらいのノリで行けるなんてびっくりした。

 今日は京都御所の写真集。

   京都御所
   https://sankan.kunaicho.go.jp/guide/kyoto.html


   新御車寄
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



   紫宸殿
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。

スポンサーサイト





テーマ : 京都 - ジャンル : 地域情報

タグ : 入門証 御学問所 小御所 清涼殿 春興殿 紫宸殿 新御車寄 京都御所

06:00  |  京都  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2019.12.02 (Mon)

♪太陽の行方



 「ribbon(リボン)」というアイドルグループがいたのを覚えておられるだろうか?
 女性3人のグループです。
 私は、ときどき思い出すことがあるのです。

   ribbon 『 太陽の行方 』
    作詞:原 真弓  作曲:清岡千穂
    歌詞

 ribbon の活動期間は、1989~1994年。
 この間に爆発的なヒットがあったわけではないのですが、印象深いのはメンバーに永作博美がいたことです。
 もう、それだけでとっても貴重だなと思うのです。

 この『太陽の行方』は、1991年3月にリリースされた5枚目のシングルです。
 今回は、とにかく曲をお聴きください!







テーマ : ☆懐かしい歌、そしてその人☆ - ジャンル : 音楽

タグ : 永作博美 太陽の行方 アイドルグループ リボン ribbon

06:00  |  音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2019.12.03 (Tue)

わんわんコーナー(その16)



 またまたやってきました「ワンワンコーナー」です。
 今回もお楽しみください。

 ルールは簡単。
「ワンワン」や「ニャンニャン」といった「畳語」を連想して当ててるだけ。
 まずは、5問分の第1ヒントを出します。

   (1)押し入れ
   (2)快活
   (3)かなづち
   (4)不名誉
   (5)冷血無比


 まずは、これで連想してください。
 一発で当てたら、すごい!

 今回はどれもむずかしいと思います。
 一発で当たらなくても、恥ずかしくないですよ。
 では、第2ヒントも見てみましょう!


テーマ : 雑学・情報 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 冷血無比 畳語 ワンワンコーナー かなづち 快活 押し入れ

00:10  |  言葉  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2019.12.04 (Wed)

ラングレーの問題

 今日は、数学の問題だけを紹介します。
 角度を求める問題です。
 ラングレーさんが1922年に発表したので、「ラングレーの問題」と呼ばれています。

 一見すると、なんだか簡単に求められそうなのですが……、かなりの難問です。


   ラングレーの問題(Wikipedhia)
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。




テーマ : 数学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : ラングレーの問題 ラングレー 角度 数学の問題

06:00  |  数学  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2019.12.05 (Thu)

プーと大人になった僕



 『マレフィセント』や『メリー・ポピンズ リターンズ』など、こういう映画が増えてきていると思う。まあ、見てみたいわな。
 一定のお客が確実に見込めそうだし。
 この映画も、「その後」を扱った映画。

   『 プーと大人になった僕 』

------------------------------------------------------------------
 親友のくまのプーや仲間たちと別れてから長い年月が経ち、大人になったクリストファー・ロビンは、仕事に追われ、会社から託された難題と一緒に時間を過ごせない家族との問題に悩んでいた。
 そんな彼の前に、“100エーカーの森”を飛び出したプーが突然現れる。彼が忘れてしまった本当に「大切なモノ」を届けるために……。
 名優ユアン・マクレガーを迎え、『美女と野獣』のディズニーが「くまのプーさん」を実写映画化した感動の物語。
------------------------------------------------------------------


 「その後」を扱った映画なのだが、私はそもそも原作をよく知らない。
 それでも楽しめたからいいのか。
 A・A・ミルンの地元であるイギリスだと、「待ってました!」となるのかな?

 クリストファー・ロビンは、ユアン・マクレガー。
 ユアン・マクレガーといえば、私としては『スター・ウォーズ』のオビ=ワン・ケノービの印象が強いのだが、今回は悩めるお父さん役でした。



 104分。

 ゆったりしていて、ほんわかしていて、これぞ「プーさん」映画という感じ。



テーマ : ディズニー映画 - ジャンル : 映画

タグ : スター・ウォーズ ディズニー ユアン・マクレガー くまのプーさん 大切なモノ 100エーカーの森 クリストファー・ロビン プーと大人になった僕 メリー・ポピンズ リターンズ

06:00  |  映画・テレビ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT