fc2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月  |HOME管理

2018.10.13 (Sat)

東海道の宿場 44~48


   『東海道五十三次之内 庄野』 歌川広重筆
    ※画像をクリックすると、大きな画像を見ることができます。


 ずいぶん間が空いてしまいましたが、「東海道の宿場を覚えよう!」の続きです。
 私が利用している歩数計アプリでは、すでに「中山道」を歩いているので、東海道シリーズは早く終わってしまいたい。

 まずは、復習から。

   00 日本橋-
   01 品川 -02 川崎 -03 神奈川-04 保土ヶ谷-05 戸塚-06 藤沢-
   07 平塚 -08 大磯 -09 小田原-10 箱根  -11 三島-12 沼津-
   13 原  -14 吉原 -15 蒲原 -16 由比  -17 興津-18 江尻-
   19 府中 -20 鞠子 -21 岡部 -22 藤枝  -23 島田-24 金谷-
   25 日坂 -26 掛川 -27 袋井 -28 見附  -29 浜松-30 舞坂-
   31 新居 -32 白須賀-33 二川 -34 吉田  -35 御油-36 赤坂-
   37 藤川 -38 岡崎 -39 池鯉鮒-40 鳴海  -41 宮 -42 桑名-
   43 四日市-


 今日は、44~48番目の宿場を覚えましょう。


・44 石薬師
 四日市の次の宿場。石薬師宿は、現在の三重県の鈴鹿市にある。
 ここを覚えるのは、簡単。「いしやくし」には、「し」が2回登場している。
 唱歌『夏は来ぬ』の作詞者である佐佐木信綱が、石薬師の出身である。

・45 庄野
 ここも、現在の三重県の鈴鹿市。
 突然の雨が降ってきた――という感じの、歌川広重の庄野の絵はよく知られていると思う。
 「しょうの」という音から、「し」と「ご」をむりやりだがイメージしたい。

・46 亀山
 現在の三重県亀山市。
 ここは、難しい! とても苦しい!
 私が持つ「カメ」のイメージカラーは黒。白ではない。
 ええい! 「亀を山にしろ!」って覚えるか!
 「山」といえば、そののようすは漢字の「八」に見えるではないか!
 三条大橋側から数えて、8番目の宿だ。
スポンサーサイト





テーマ : 三重県 - ジャンル : 地域情報

06:00  |  地理  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |