12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月  |HOME管理

2018.01.01 (Mon)

光陰矢のごとし



 あけまして、おめでとうございます。
 早いもので、また新しい年がやってきました。
 今年もよろしくお願いします。

 さて、月日が流れるのが早いことを、つぎのような言葉で表すことがあります。

   光陰矢のごとし

 この言葉は、福沢諭吉も使っています。
 ま、言いたい内容はよくわかっているのですが、でも、「光陰」ってなんなのでしょう?

 即答できますか? 私はダメでした。
 調べてみました。
スポンサーサイト


テーマ : 雑学・情報 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 光陰 福沢諭吉 光陰矢のごとし 月日 あけまして

00:10  |  言葉  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2018.01.02 (Tue)

矢田寺


   ここから、矢田寺に登る。
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 年末年始は奈良に戻って来ている。
 普段から運動不足であるし、年末年始はなおさらそうなので、昨日は自宅(奈良県大和郡山市)から近くの神社まで歩くことにした。
――これは、去年の1月3日のブログと同じ書き出し。

 今年も同じ理由で、ウォーキングに出かけた。
 向かったのは「矢田寺」。あじさいが有名。
 あじさいの時期だと、お寺までの道が車が大渋滞になるほどの人気。
 しかし、この時期だと、あじさいはもちろん咲いていない。


   奥に見えているのが、矢田寺の本堂
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 布団を干したくなるくらいのよい天気。
 自宅から歩いて40分くらいで本堂に到着した。
 参拝客はいるけど、それほど多くない。初詣としては、人気薄なのかな。
 なにしろ、山道をすこし歩かねばならない。
 いや、車で登る方法もあるから、それは理由にならないか。



テーマ : 奈良 - ジャンル : 地域情報

タグ : あじさい 矢田寺 ウォーキング 大和郡山市

06:00  |  奈良  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.01.03 (Wed)

筒井駅


    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 写真は、近鉄橿原線の筒井駅。
 奈良県の大和郡山市にある。
 私は長年大和郡山市に住んでいるが、先日、初めて筒井駅で下車した。

 このあたりは昔、「筒井村」だった。
 たぶん、筒井順慶が関係があるのだろう。
 私は近くに住んでいるのに、あまりにも知らなさすぎる。

 せめて……、と思って地図を見てみたら、駅の北東に「筒井城跡」を発見。
 こんなところにあったのか!
 きっと何にも残っていないのだろうけど、いつか行ってみることにしよう!


    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



   筒井順慶(Wikipedia)
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。




テーマ : 奈良 - ジャンル : 地域情報

タグ : 筒井城 筒井順慶 筒井村 大和郡山市 筒井駅 近鉄橿原線

06:00  |  奈良  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.01.04 (Thu)

応仁の乱



 今年最初の本の紹介。
 しかし、じつは、まだ読破していない。
 最後まで読むためにも、紹介しようと思う。

    『 応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 』  呉座 勇一

------------------------------------------------------------------
 室町幕府はなぜ自壊したのか―室町後期、諸大名が東西両軍に分かれ、京都市街を主戦場として戦った応仁の乱(1467~77)。細川勝元、山名宗全という時の実力者の対立に、将軍後継問題や管領家畠山・斯波両氏の家督争いが絡んで起きたとされる。
 戦国乱世の序曲とも評されるが、高い知名度とは対照的に、実態は十分知られていない。いかなる原因で勃発し、どう終結に至ったか。なぜあれほど長期化したのか――。
 日本史上屈指の大乱を読み解く意欲作。
------------------------------------------------------------------


 歴史小説ではない。「応仁の乱」がよくわかる本である。
 じつのところ私は応仁の乱がよくわかっていない。
 著者も「捉えどころがない」と言っている。

 まだ3分の1ほどしか読んでいないが、とても面白い。
 面白いがわかりにくい。だから、読むのに時間が掛かる。
 「応仁の乱」といいながら、始めは奈良県関連の話が続く。

 すでに、捉えどころがなく、ダラダラが始まっている。
 そういうところが「応仁の乱」なのだ。

 ゆっくりと読もうと思う。



テーマ : 本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 山名宗全 細川勝元 室町幕府 呉座勇一 応仁の乱 1467

06:00  |  本の紹介  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.01.05 (Fri)

春日大社へ


   春日大社へ。左へ行くと東大寺。
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 何度も同じことばかり書いて申し訳ないが、運動不足解消のため、年末年始は歩いている。
 自宅の近くばかりだと面白くないから、ふだんと違うところを歩きたくなる。
 私は社寺巡りが好きなので、そういうところを経由したくなる。

 正月2日目、JR奈良駅に車を停めて、奈良の春日大社まで歩いた。
 初詣客が多いだろうとは予想していたが、私の目的は初詣ではないし、多いといっても大したことはないだろう。まぁいいかと決行した。

 しかし、春日大社が近づいてくると、どんどん人が増えてくる。
 やはり、東大寺にしておくべきであったか。

 やがて、流れが止まった。目的地まではすぐそこなのに……。
 人が多すぎて後戻りもできない。


   流れが止まった!
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 どうして止まっている?
 もしかして、境内の入場制限をしている?
 ――想像通りであった。
 こんなのだと、なんだか流れ作業で初詣をさせられている感じすらある。

 それで思い出した。
 だから私は初詣には、特に混雑が多いところへの初詣はやめていたのだった。
 来年は混雑していませんように!


   後戻りはできません。
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。




テーマ : 今日のつぶやき。 - ジャンル : 日記

タグ : 初詣 入場制限 JR奈良駅 運動不足 東大寺 春日大社

06:00  |  つぶやき  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT