04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月  |HOME管理

2017.05.01 (Mon)

♪冬のオペラグラス



 先日、由希子と息子が押尾コータローのライブに行ったそうな。
 その数週間前、「だから、オペラグラスが欲しい」と言われた。

 ま、確かに、会場は広い。
 後ろの方の席だと、よく見えない。
 ただでさえ見えないのに、近頃の私は視力が弱くなっている(私が見に行くわけではないが……)。
 今後も利用できるだろうと思い、購入することにした。
――と言っても、実際に購入したオペラグラスは、購入について悩むほどの高価な物ではなかった。

 で、前置きが長くなったが、この歌を思い出したわけだ。

   新田恵利  『冬のオペラグラス』
    作詞:秋元康  作曲・編曲:佐藤準
    歌詞

 リリースは、1986年の1月。 会員番号4番、新田恵利のソロデビューシングル。
 とっても歌がうまいわけではないけれど、ずいぶんヒットした。

 だけど、今でもわからないのが、このタイトル。
 「冬の」と「オペラグラス」をくっつけるって、どういうこと?
 オペラグラスで冬の風景を見るならわかるけど……。
 ま、聞いてみますか。



 歌を聴いても、歌詞を読んでも、やっぱりわからなかった。
 オペラグラスで歌詞を読むべきだったか。

スポンサーサイト


テーマ : 懐かしい歌謡曲 - ジャンル : 音楽

タグ : 会員番号4番 秋元康 おニャン子クラブ 冬のオペラグラス 新田恵利 オペラグラス 押尾コータロー ライブ

06:00  |  音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.05.02 (Tue)

赤城神社のお守り


   ※赤城神社(Wikipedia)
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 飯田橋からの駅から歩いて、神楽坂をず~っと登っていくと赤城神社がある。
 というよりは、最寄りの駅は東京メトロ・東西線の神楽坂駅だ。

 この赤城神社は……、なんというか、そう、スタイリッシュな神社なのです。


   赤城神社
   http://www.akagi-jinja.jp/


    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 境内に入ると……、「おお、ここはなんだか……、私の知っている『境内』とは違う」って感じ。

 ここは、2010年の「赤城神社再生プロジェクト」で近代的な境内に生まれ変わった。
 デザインしたのは、世界的建築家・隈研吾。

 それまでの社殿は老朽化し、新しい社殿を建て替える必要性があった。
 しかし、境内にあった赤城幼稚園の閉園などで神社の経営は苦しい。

 そこで、幼稚園の跡地に定期借地権を設定。
 神社を立て替え、マンションを建設。
 マンションからの収入で神社を運営するという、とっても斬新な方法。

 そして、方法だけが斬新なのではなく、このスタイリッシュさだ!


   ※赤城神社の社殿
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 社殿はガラス張り(写真ではわかりにくいですが……)。
 ガラスの自動ドアのある社殿なんて見たことがありますか?
 狛犬もなんだかキュートです。

 そして、ここで手に入る御守りに注目です!


テーマ : 東京23区 - ジャンル : 地域情報

タグ : あかぎカフェ 定期借地権 隈研吾 赤城神社再生プロジェクト 神楽坂 飯田橋 赤城神社 ゲゲゲの鬼太郎 目玉のおやじ ちゃんちゃんこ

00:10  |  神奈川  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.05.03 (Wed)

「かいけつゾロリ」30周年

 そうか、「かいけつゾロリ」が30周年か!
 まだ、続いていたとは!

 子どもが小さい頃、よく読みました。
 そういえば、息子は原ゆたかさんにサインをもらったことがあります。
 あの本、まだ残っているかな?

 あ、30周年の特設サイトがありました!

   かいけつゾロリ 30周年 特設サイト
   http://www.poplar.co.jp/zorori/30th/

 で、現在の最新刊はコレ。
 シリーズ60冊目です。
 年に2冊くらいずつ出している計算になりますね。



    『 かいけつゾロリの王子さまになるほうほう 』  原 ゆたか

------------------------------------------------------------------
 美しいお姫さまが、お婿さんを探していることを知ったゾロリ。
 王子さまになるため、手ごわいライバルやむずかしい問題に挑戦します。
 はたして、ゾロリは王子さまになれるのでしょうか……?
------------------------------------------------------------------


 今回もきっと突拍子もない奇想天外なストーリーなのでしょう。
 久しぶりに読んでみようかな。



テーマ : 紹介したい本 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 30周年 かいけつゾロリ かいけつゾロリの王子さまになるほうほう 原ゆたか

06:00  |  本の紹介  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.05.04 (Thu)

ジェイソン・ボーン



 「ボーン・シリーズ」の5作目にして、主人公の名前がそのまま映画のタイトルになった。
 4作目の『ボーン・レガシー』には、たしかジェイソン・ボーンが登場してなかったと思うから、ジェイソン・ボーンが登場するのは『ボーン・アルティメイタム』(2007)依頼と言うことになる。

 いつものことだが、なかなか映画館に行けず、今回もDVDでの鑑賞。


   『 ジェイソン・ボーン 』

------------------------------------------------------------------
 ボーンが消息を絶ってから何年もの歳月が経過したある日、元同僚であるニッキーはボーンを見つけ、彼にある真実を告げる。
 それはCIAが世界中の情報を監視し、技術開発やテロ活動までをも裏で操作することを目的とした、恐ろしい極秘プログラムが始動したというものだった。
 姿を現したボーンの追跡を任されたCIAエージェントのリーは、彼が最も求めているものを提供すれば、再びCIA側に取り込めるのではないかと考え始める。
 しかし“史上最も危険な兵器”であるボーンは、追跡者が想像すらできない、ある目的を持って動いていた……。
------------------------------------------------------------------


 うまく言えませんが、ジェイソン・ボーンが出ていた過去の3作品とはどこか違う感じがします。
 面白かったのですが、なんだか無理に面白くしようとしているような……。
 私が「ジェイソン・ボーン」に期待しすぎているのかもしれません。
 もうちょっと、ボーンの「弱い面」を見たい気がいます。



 124分

 そういえば、この映画、どんでん返しがなかったと思います。
 びっくりしたかったな。

 続編は……、このあとどうするかな~。
 極秘の困った計画が進行していて、それを偶然に知ったボーンが計画阻止のために奔走する。しかし、その計画はじつは――って感じかな。



テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

タグ : CIA ボーン・アルティメイタム ジェイソン・ボーン ボーン・レガシー ボーン・シリーズ

06:00  |  映画・テレビ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.05.05 (Fri)

幽霊坂


   ※幽霊坂
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 田町駅からの散策中に見つけた。
「うわっ、これ、本当にそういう名前なんだ」と驚いた。
 それは、東京都港区三田四丁目にあった。

   幽霊坂

 当然、どうしてそんな名前なのかが気になる。
 説明には、次のようにあった。


    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


「坂の両側に寺院が並び、ものさびしい坂であるためこの名がついたらしいが有礼坂の説もある。幽霊坂は東京中に多く七か所ほどもある」

 この「有礼」とは、ある人物です。ご存じでしょうか?


テーマ : 東京23区 - ジャンル : 地域情報

タグ : 大日本帝国憲法 森有礼 文部大臣 幽霊坂 港区 田町駅

06:00  |  東京  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME |  NEXT