02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月  |HOME管理

2017.03.01 (Wed)

ルネッサンス様式


   ※青森銀行記念館
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 「ルネッサンス様式」と言われても、私はどんなものなのかすぐには想像できない。
 弘前市にはルネッサンス様式の建物が残っているという。だから、見に行くことにした。

 上の写真は、青森銀行記念館。
 こういうのが「ルネッサンス様式」らしい。
 どこを見れば、「ルネッサンス!」なのかよくわからないけど、とりあえず。


   ※旧弘前市立図書館
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 上の写真は、旧弘前市立図書館。
 これも「ルネッサンス様式」らしい。

 ということは、2つの似たところを探せば、それが「ルネッサンス様式」なのか?
 ん~~、窓か?
 窓が「ルネッサンス様式」なのか?

 もう一つ見てみましょう。
スポンサーサイト


テーマ : 建築 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : ロマネスク様式 弘前カトリック教会教会堂 旧弘前市立図書館 弘前市 ルネッサンス様式 青森銀行記念館

06:00  |  芸術  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.03.02 (Thu)

64 ―ロクヨン―



 昭和64年かぁ。
 たった7日しかなかったなぁ。

 平成に入ってからしばらくは、テレビでは同じCMばかり流れていたな。
 そういえば、年号が変わって数日後に、大学の先輩が結婚式があった。
――つまり、平成の7日間のことは、あまり覚えていない。


   『 64 ―ロクヨン― 』

------------------------------------------------------------------
 昭和64年1月5日。 関東近県で漬物工場を営む雨宮芳男(永瀬正敏)の娘・翔子が誘拐された。犯人はサトウと名乗り、身代金要求額は2000万円。翌日、犯人は金をスーツケースに入れ、雨宮に車で運ぶことを指示した。喫茶店や美容室など様々な店の電話を次の指令の受け取り場所に指定して各所を移動させ、警察の捜査班を翻弄する。
 深夜、郊外の橋から身代金の入ったスーツケースは指示に従って川に投下され、やがて回収されたスーツケースから金は紛失していた。後日、被害者の少女も死体となって発見される。
 昭和天皇の崩御により、昭和64年はたった7日間で終わった。そして迷宮入りとなったこの少女誘拐殺人事件は、県警内部で「64(ロクヨン)」と呼ばれることになった。
------------------------------------------------------------------


 レンタルDVDで2日連続で見た。

 映画館でも、前編と後編に分けて上映されたわけだが、なるほど、前編だけでも映画として成り立っているし、後編だけを見ても楽しめるし、うまく作ってあるなと思った。



 前編121分、後編119分。
 『べっぴんさん』の芳根京子が出ていて、朝ドラとはまったく異なる演技をしていた。
 びっくりした。



テーマ : 日本映画 - ジャンル : 映画

タグ : 芳根京子 佐藤浩市 永瀬正敏 ロクヨン 平成 昭和64年 べっぴんさん

06:00  |  映画・テレビ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2017.03.03 (Fri)

横浜市・慶運寺


   ※横浜市・慶運寺
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 横浜市にある「慶運寺」は、幕末にフランス領事館が置かれていたお寺です。
 このことだけでも重要なお寺なのですが、ある昔話の伝説があることでも知られています。
 下の写真をごらんください。



 カメです。
 さて、その昔話とはなんでしょう?


テーマ : 神奈川県 - ジャンル : 地域情報

タグ : 昔話 フランス領事館 慶運寺 カメ 伝説 観音像 玉手箱 浦島太郎 浦島寺

00:10  |  神奈川  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.03.04 (Sat)

川崎・瀋秀園


   ※大師公園・瀋秀園
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 川崎大師にお参りした後、川崎駅まで歩いて戻りました。
 その途中になんだかとってもチャイニーズな場所を発見したので紹介します。

   瀋秀園(しんしゅうえん)

 この瀋秀園は、大師公園の中にある中国庭園。
 説明に寄れば瀋秀園は、中国瀋陽市と川崎市との友好都市提携5周年を記念して、瀋陽市から寄贈されたものです。

 なぁんにもわからないまま園内を周遊しましたが、もしかしたら貴重なものが会ったかもしれません。
 入園は無料です。


   ※瀋秀園の園内
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。




テーマ : 神奈川県 - ジャンル : 地域情報

タグ : 友好都市 瀋陽市 中国庭園 チャイニーズ 川崎駅 川崎大師 瀋秀園 大師公園

06:00  |  神奈川  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.03.05 (Sun)

京都・水火天満宮


   ※京都・水火天満宮
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 上の写真は、京都市にある「水火天満宮」です。
 わりと小さな天満宮です。
 天満宮ですから、菅原道真を祀っているのですね。

 全国に天満宮はた~くさんありますが、この「水火天満宮」はちょっと特別です。


   水火天満宮
   http://suikatenmanguu.com/


   ※水火天満宮・拝殿
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



   ※水火天満宮・登天石
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 サイトによれば……、

『洛陽一条上る下り松の霊地に、雨水雷火の難を消除の守護神として菅公を祭る為に、延暦寺の尊意僧正に勅命ありし、日の本最初の天満宮の勧請の最初なり』

 なぁんと、日本最初の天満宮だということです。
 また、「水火天満宮」という名前から想像ができると思いますが、この神社は「水難火難避けの神」として知られています。

 ところが!
 神社のとなりの公園で(というより、公園の中に神社があるって感じ)、「頑張ってほしいなぁ」ってものを発見しました。


テーマ : 京都 - ジャンル : 地域情報

タグ : 菅原道真 天満宮 水火天満宮 花火禁止 水難火難避けの神

00:10  |  京都  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME |  NEXT