01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月  |HOME管理

2017.02.02 (Thu)

ちはやふる -下の句-



 大学というところは、3年生、4年生がゼミに所属するのですが、この時期、現2年生が自分たちの研究室を決める時期でもあります。私のゼミに何名か入ってきました。

 で、現ゼミ生と新ゼミ生の顔合わせと親睦を兼ねて「百人一首大会」を行うことにしました。
 何人かは『ちはやふる』を読んだり、見たりしていて、以前よりも百人一首が身近になっているようです。


   『 ちはやふる -下の句- 』

------------------------------------------------------------------
 感動の二部作、ついに完結。
 舞台はいよいよ全国大会へ。
 新に東京都大会優勝を報告する千早に、思わぬ新の告白「かるたはもうやらん……」。
 ショックを受ける千早だが、全国大会へ向けて仲間たちと懸命に練習に励む。
 そんな中、千早は、同級生ながら最強のクイーンと呼ばれる若宮詩暢(わかみやしのぶ)の存在を知る。全国大会の個人戦で詩暢と対決する可能性がある。
 新に「強くなったな」って言われたい、詩暢に勝てばもう一度新とかるたを取れるかもしれない……。クイーンに勝ちたい! 新に会いたい! 千早の気持ちは次第に詩暢にとらわれ、「競技かるた部」の仲間たちから離れていってしまう。
 そして、そんな千早の目を覚まさせようとする太一。千早、太一、新の気持ちが少しずつすれ違っていく……。
 今、泣きたくなるほど熱いクライマックスの、幕が上がる―!!!
------------------------------------------------------------------


 まあ、私としては、現ゼミ生が「こんなにすごいのだぞ!」という貫禄を新2年生に見せたいわけで、あらかじめ現ゼミ生には百人一首を暗記させたり、練習させたり、努力をしたわけです。
 覚えれば覚えるほど、取れる札が増えてくるので、楽しくなります。

 で、先日、いよいよ百人一首大会が行われました。



 102分。

 練習の回も合って、現ゼミ生が大差で勝利。
 「ちはやぶる……」などは、「ちは」だけで取ってくれました。これでこそ百人一首です。
 楽しい機会を持つことができました。

 またやりたいな――ゼミ生たちのそんな雰囲気を強く感じることができました。
 百人一首って、いい文化だなぁと思います。

スポンサーサイト


テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

タグ : 千早 下の句 ちはやふる 百人一首 大学 ゼミ 上の句 広瀬すず

06:00  |  映画・テレビ  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)
 | HOME |