FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月  |HOME管理

2018.06.12 (Tue)

何を測るのでしょう?


   何を測るのでしょう?
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 私の研究室には、上の写真のような物体が飾ってある。
 管の中に液体が入っていて、その中に球状のガラスがぷかぷかと浮かんでいる。
 見た目に涼しげでとてもよい。

 ところが、これは単なるインテリアではない。「測定器具」である。
 一度くらいは、どこかで見たことがあるかもしれませんね。
 さて、何を測るのでしょうか?
スポンサーサイト


テーマ : 自然科学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 測定器具 インテリア ガラス 研究室 ガリレオ 温度計 ガリレオ温度計

00:10  |  数学  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.05.08 (Tue)

お金の分配


    ※本文との関連は、低いです。
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 久しぶりに、数学の問題を出そうと思う。
 連休で脳が活性化していない人は、ぜひ取り組んでください。

------------------------------------------------------------------
【問題】

 4800円を太郎君と花子さんの2人に分ける。
 2人の金額の差が花子さんの金額と同じになるようにしたい。
 太郎君の金額を求めよ。

------------------------------------------------------------------


 難易度は、5段階の1。
 まあ、方程式を使えば、とても簡単なのです。
 今回は、敢えて方程式を使わずに、しかも文章だけで説明できるかという問題です。


テーマ : 数学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 活性化 連休 方程式 お金の分配 数学

00:10  |  数学  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.04.20 (Fri)

新幹線がすれ違う時間



 私は新幹線に乗るときには、いつも通路側の席を取るようにしている。
 窓側は好きだが、通路にさっと出られないのがいやだからだ。
 ちなみに、窓側の席は Window、通路側の席は Aisle と表示されている。

 たま~にだが、窓側の席が空いていることがある。
 そういうときには躊躇せず、窓側の席に移動する。
 車掌さんが回ってきても、「移動されたのですね」とすぐに理解してくださる。

 窓際に座っていると、すれ違う新幹線に驚くことがある。
 あんなに長い新幹線なのに、あっという間にすれ違う。
 どれくらいの時間ですれ違っているのだろう? 「よし、測ってやるぞ!」と思ったときには、なかなか新幹線がやってこない。

 そうだ、計算すればいいのか!

 のぞみの速度を、時速270kmと仮定。たぶん、これは最高速度。
 秒速にするには3600で割ればよい。えっと、秒速75mだ! はやっ!

 新幹線の長さは……


テーマ : 数学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : すれ違い 25m 時速270km 最高速度 新幹線 車掌さん Aisle Window 窓側

00:10  |  数学  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2018.04.03 (Tue)

私は何Lあるか?



 「数量」を表す方法は、いくつかある。

    数(個数)
    質量
    体積


 たとえば、「私」を表現するときは、まず「1人」。
 うん、私は2人ではない。1人だ。

 質量だと、74kg。これは、私の体重だ。
 ひところ、70kgを目指すと言っていたが、ぜんぜん実現できない。

 体積だと……、あれ、私は自分の体積を知らないぞ?
 どれくらいなんだろう?

 みなさんは、自分の体積をご存じですか?


テーマ : 数学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 人間の密度 水面の高さ アルキメデス 体積 質量 数量 リットル

00:10  |  数学  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2018.04.01 (Sun)

リトルウッドの法則



 先日のブログで、映画『奇蹟がくれた数式』を紹介した。
 この映画は、インドの数学者、シュリニヴァーサ・ラマヌジャンを描いた2016年の映画。
 主演は、『 LION/ライオン -25年目のただいま-』『スラムドッグ$ミリオネア』のデーヴ・パテール。

 この映画の中で、ジョン・エデンサー・リトルウッドというイギリスの数学者が出てくる。
 私は、映画について調べている途中で、彼の名前の付いた「リトルウッドの法則」というのがあると知った。
 それは次のようなものだ。

   奇跡は1ヶ月に1度は起こり得る!

 この法則は、1953年に出版されたリトルウッドの『A Mathematician's Miscellany』で発表された物。
 「奇跡は1ヶ月に1度は起こり得る!」とはどういうことなのか?


テーマ : 数学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 奇蹟がくれた数式 奇跡的 奇跡は1ヶ月に1度は起こり得る! リトルウッドの法則 ・リトルウッド ラマヌジャン

00:10  |  数学  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT