FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月  |HOME管理

2018.11.13 (Tue)

みかんをもらった話

 本日は、由希子がみかんをもらった話。

 我が家から車で10分くらいのところに、産地直送の野菜や果物を売っているお店があります。
 その日は、1500円以上の買い物すれば「さいころゲーム」に挑戦できるという日でした。

 そのゲームの内容は……、
 2つのさいころを投げて、出た目の数だけみかんがもらえる。
 ただし、ぞろ目の場合は、その倍の数がもらえる――というゲーム。



「ほうほう、それは面白い。そうすると、6-6 の場合は24個ももらえるの?」
「そう」
「でも、1-1 だったら、4個だね」
「そう」
「で、どうだったの?」

 ゲームの列に並んで自分の番を待っていたら……、由希子の前の人はなんと 6-6 を出したそうです。24個のみかんをゲットです!
 由希子はびっくりしたそうですが、その人は感情を出さない人で、なんだか拍子抜け。

「それで?」
「私は、5-4 で9個。これ、よいほうだと思うのだけど……」

 さて、ここで問題。
 このゲームを1回行ったときの、「期待値」はいくら?
 つまり、このゲームに1回挑戦したとき、みかんはいくつくらいもらえると期待できるでしょうか?
スポンサーサイト


テーマ : 数学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 期待値 ぞろ目 目の数 みかん さいころ 産地直送 みかんをもらった話

00:10  |  数学  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.10.16 (Tue)

パーセントの問題


   パーセントの問題
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 最近は、野球を見なくなった。
 一応、セ・リーグでは阪神を応援しているのだが、たま~に、成績を追いかけるくらい。
 阪神はいつの間にか最下位で、いつの間にやらクライマックスシリーズが始まっている。

 昨日、イオンモールに出かけたら「応援感謝セール」のようなものをやっていた。阪神のことかなと思った。
 上の写真の案内は、そこで見つけたもの。

   (1) 今ついている税込み価格からレジにて 30%OFF
   (2) 応援感謝セール レジにてさらに 20%OFF
        ↓
   (3) レジにて実質合計 44%OFF

「へぇ~、すごい割引だな」と思ったのと同時に、これ、算数の問題になるかもと思いました。

------------------------------------------------------------------
【問題】

 ある商品が、30%引きで売られている。
 この商品がさらに20%引きになった場合、最終的に44%引きなるという。
 どうしてそうなるのかを説明せよ。

------------------------------------------------------------------



テーマ : 雑学・情報 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 合算 応援感謝セール 最下位 クライマックスシリーズ パーセント

00:10  |  数学  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.09.30 (Sun)

マイクロメータ


   1937年 ミツトヨ 第1号マイクロメータ
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 9月22日のブログで紹介した「ミツトヨ測定博物館」の続き。
 今日は「マイクロメータ」。長さを測る道具だ。
 精密なねじが使われていて、一般的には最小目盛が0.01ミリメートル。
 日常生活でこんなに細かなところまで必要とすることはまずないから、見たこともないという人が多いと思う。

 気になるのは、この道具の名前だ。
 最小目盛が0.01ミリメートルなのに、「マイクロメータ」?
 1マイクロメートル[μm]は、0.001ミリメートルだ。1桁違う。

 では、なぜ、この道具を「マイクロメータ」と呼ぶのか?
 理由は、「あ~、それなら仕方がないね」という理由だった。

 ヒントとして、下の画像をご覧ください。
 マイクロメータを発明したのは、あのワットだったのですね。


   マイクロメータ 進化の軌跡
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



テーマ : 数学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : アクセント メートル ワット マイクロメートル ミツトヨ測定博物館 マイクロメータ 0.001ミリメートル μm

00:10  |  数学  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.09.22 (Sat)

ミツトヨ測定博物館


   株式会社ミツトヨ
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 9月5日のブログで紹介した「大きなノギス」の形をした時計があったのは、「ミツトヨ測定博物館」。
 東急の溝の口駅、JR南武線の武蔵溝ノ口駅から歩いて15分くらいのところにある。

 ミツトヨは、「神奈川県川崎市高津区に本社を置く測定機器メーカー。ノギス、マイクロメータの日本国内シェアは約90%、日本国外でも高いシェアを占める」(Wikipedia)。

   ミツトヨ測定博物館
   http://www.mitutoyo.co.jp/corporate/hall/numata/index.html

 博物館は、1枚目の写真の3階と4階にある。けっこう広い。
 普通の人は、ノギスやマイクロメータを使用することはあまりないだろうから、ミツトヨという会社名を聞いてもピンとこないかもしれない。
 でも、こんな立派な博物館を持っているような会社だ。
 ちゃんと事前に予約してから訪れた。シンガポールで長い間働いていたという人が、マンツーマンでガイドをしてくださった。


   ノギス
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 ノギスというのは、物をはさんでその長さをはかる道具――だから、丸い物体とか本の厚みだとか、普通の物差しで測りにくい物でもなんなく測ることができる。また、内径や深さも測定できる。

 しかし、それだけではない。
 普通の物差しだとせいぜい[mm]が最小メモリだが、ノギスを使えばもっと精度を上げて測定できるのだ。
 私は安価なノギスを持っているが、それだって0.1mmの精度で測定ができる。なかなか楽しい道具だ。
 ぜひ、皆さんも一ついかが?


   日本最古のノギス
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



   ノギスの量産体制
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



   メートルの変遷
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。




テーマ : 数学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : マイクロメータ ノギス ミツトヨ測定博物館 ミツトヨ 高津区 川崎市 溝の口

06:00  |  数学  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2018.09.14 (Fri)

何を測るのでしょう?(2)


   何を測るのでしょう?
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 上の写真の道具は、何かを測るときに使います。
 私は実際には使ったことはありません。
 さて、何を測るのでしょう?

 ちなみに、これは「ギャグ・ゲージ」といいます。
 一発ギャグでどれくらいの大きさの笑いを取れたかを測る?
 ん~、案外近いかもしれません。


テーマ : 数学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 顎がガクガク 顎関節症 ゲージ さるぐつわ ギャグ 一発ギャグ ギャグ・ゲージ

00:10  |  数学  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME |  NEXT