04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月  |HOME管理

2018.05.13 (Sun)

東海道の宿場 22~27

 今回は、「東海道の宿場を覚えよう!」の続きです。
 いきなりですが、問題です。
 東海道で、大井川の両側にある宿場は何でしょう?


   「東海道五十三次之内 島田」 歌川広重筆
    ※画像をクリックすると、大きな画像を見ることができます。


 前回は、21番目の宿場までを覚えました。
 まずは、復習です。

   00 日本橋-
   01 品川-02 川崎-03 神奈川-04 保土ヶ谷-05 戸塚-
   06 藤沢-07 平塚-08 大磯 -09 小田原 -10 箱根-
   11 三島-12 沼津-13 原  -14 吉原  -15 蒲原-
   16 由比-17 興津-18 江尻 -19 府中  -20 鞠子-
   21 岡部-


 今日は、東海道のちょうど真ん中にあたる27番目の宿場までを覚えましょう。

・22 藤枝
 静岡県には藤枝市がありますが、私はどうもこのあたりに詳しくありません。
 「22」の語呂合わせで、覚えるのは簡単です。

・23 島田
・24 金谷(かなや)

 島田宿は、大井川の江戸側にある宿。
 金谷宿は、大井川の京都側にある宿。
 「23」と「島田」を結びつけるのがどうしてもうまくいかなくて、「島田ニーサン」と無理矢理に覚えることにしました。

 金谷については、埋め込み方式です。
 3×8=24 の「三八」を「金谷」の字の中にをはめ込みました。
 大井川を覚えるために、「大井川の西(24)側」と考えてもいいですね。




   「東海道五十三次之内 金谷」 歌川広重筆
    ※画像をクリックすると、大きな画像を見ることができます。


・25 日坂
 さて、この宿場は何と読むのか?
 覚える前に、私は読めなかったのです!
スポンサーサイト


テーマ : 静岡県 - ジャンル : 地域情報

タグ : 真ん中 歌川広重 東海道五十三次 袋井 掛川 日坂 金谷 島田 大井川

00:10  |  東海  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.04.08 (Sun)

東海道の宿場 11~21


   「東海道五十三次之内 三島」 歌川広重筆
    ※画像をクリックすると、大きな画像を見ることができます。


 「東海道の宿場を覚えよう!」の続きです。
 前回は、日本橋を出発して10番目の宿場までを覚えました。
 復習です。言えるようになってますか?

   00 日本橋-
   01 品川-02 川崎-03 神奈川-04 保土ヶ谷-05 戸塚-
   06 藤沢-07 平塚-08 大磯 -09 小田原 -10 箱根


 今日はこの続きの11~21番目を覚えましょう。

・11 三島
・12 沼津

 すみません。上の2ヶ所は箱根からの勢いで覚えました。
 なんとなく地図が頭に入っていたので……。
 
・13 原
・14 吉原(よしわら)

 上記の2つの宿場名は「原」が続きます。
 「原」は、「さんだんばら(三段腹)」のイメージで。
 「吉原」は、「14」の「よん」からの連想で覚えました。

・15 蒲原(かんばら)
 「15」からの連想で「ゴレンジャー」。
 ささきいさおがエンディングテーマを歌っていて、その歌のイントロのバックコーラスで「バンバラバンバンバン」と歌われています。それを無理に「蒲原」に結びつけちゃいました。


テーマ : 静岡県 - ジャンル : 地域情報

タグ : 岡部まり 府中 江尻 興津 由比 蒲原 吉原 沼津 三島

00:20  |  東海  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.11.22 (Wed)

ちりゅっぴ


   知立駅
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 先日、学会参加のために、愛知県の知立市に出かけた。
 宿泊したのは知立駅前のホテル。
 ちなみに、「知立」と書いて、「ちりゅう」と読みます。

 ホテルのロビーには、知立市のキャラクターの人形が飾られていました。
 知立市がPRしたいものを小さな体にこれでもかと散りばめ、期待を一身に背負っている感じがしました。
 なかなかかわいかったので、紹介します。

 ご覧ください! 「ちりゅっぴ」です。

   ちりゅっぴの部屋
   www.city.chiryu.aichi.jp/shisei/about/chiryuppi/


   ちりゅっぴ
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 先日、2017年のゆるキャラグランプリが決まったようだが、この「ちりゅっぴ」はどうだったのかなと思い調べてみたら……、なんと、2位でした!
 おしい!

 → ゆるきゃらグランプリ 2017



テーマ : 東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重) - ジャンル : 地域情報

タグ : ゆるキャラ ゆるキャラグランプリ ちりゅっぴ ちりゅう 知立市 愛知県 知立駅

06:00  |  東海  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.10.27 (Fri)

修善寺駅で


   修善寺駅
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 静岡県、修善寺駅で下の写真のパネルを見つけた。
 観光地でよく見かけるタイプのパネル。
 顔の部分に穴が空いているから、そこから顔を出して、写真を撮ってもらう。


   修善寺駅
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 ふ~ん。
 おっと素通りするところだった、

 ここは修善寺駅。
 ということは、何かしらこのあたりにゆかりのある男女なのだろう。
 しかし、え~、そのときの私はすぐには思い浮かばなかったのです。

 この二人、誰なのでしょう?


テーマ : 東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重) - ジャンル : 地域情報

タグ : 高橋英樹 吉永小百合 伊豆の踊子 修善寺 川端康成

00:10  |  東海  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.10.18 (Wed)

源範頼の墓


    こういうところを登っていきます。


 10月3日のブログで、修善寺にある源頼家の墓を紹介した。
 頼家は源頼朝の息子で、鎌倉幕府第2代将軍。

 修善寺では、源範頼(のりより)の墓も見つけた。
 範頼は、頼朝の異母弟。義経の異母兄。

 義経は、ご存じの通り、悲しい最後となるわけだが、じつは、範頼も……。
 説明板をお読みください。


   源範頼の墓
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。




テーマ : 静岡県 - ジャンル : 地域情報

タグ : 源範頼 鎌倉幕府 源頼朝 源頼家 修善寺

06:00  |  東海  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT