09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月  |HOME管理

2017.10.18 (Wed)

源範頼の墓


    こういうところを登っていきます。


 10月3日のブログで、修善寺にある源頼家の墓を紹介した。
 頼家は源頼朝の息子で、鎌倉幕府第2代将軍。

 修善寺では、源範頼(のりより)の墓も見つけた。
 範頼は、頼朝の異母弟。義経の異母兄。

 義経は、ご存じの通り、悲しい最後となるわけだが、じつは、範頼も……。
 説明板をお読みください。


   源範頼の墓
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


スポンサーサイト


テーマ : 静岡県 - ジャンル : 地域情報

タグ : 源範頼 鎌倉幕府 源頼朝 源頼家 修善寺

06:00  |  東海  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.10.04 (Wed)

修禅寺


   修禅寺の山門
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 久しぶりの修禅寺。
 修善寺には新婚の頃に来ている。
 しかし、不思議だ。記憶がよみがえってこない。
 どういうことなんだろう?

   修禅寺
   shuzenji-temple.com/


   修禅寺本堂
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 修善寺の所在地は、「静岡県伊豆市修善寺964」。
 このあたりの地名は「修善寺」で、お寺の名前は「修禅寺」。
 初めて気が付いた。
 なかなか面倒だな。

 本日は、修善寺の写真集。


   本堂の額
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



   修禅寺のすぐ近くにある「独鈷の湯」
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。




テーマ : 静岡県 - ジャンル : 地域情報

タグ : 独鈷の湯 伊豆市 静岡県 修禅寺 修善寺

06:00  |  東海  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.10.03 (Tue)

頼家の墓


    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 頼家の墓に行って来ました。
「頼家」って誰かって?
 今日は、それが問題です。

 お墓は、静岡県の伊豆市・修善寺からすこし歩いたところにありました。
 中学の歴史の教科書には載っていませんが、彼のお父さんの名前なら載っているはずです。

 下の写真は「指月殿(しげつでん)」。
 頼家の冥福を祈って、彼の母が建立したものです。


   指月殿
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



テーマ : 静岡県 - ジャンル : 地域情報

タグ : 鎌倉幕府 指月殿 修善寺 伊豆市 源頼朝 北条政子 2代将軍 郷ひろみ 草燃える 源頼家

00:10  |  東海  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.09.19 (Tue)

世界遺産の……


    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 私の住む大和郡山市にある自宅からは、法隆寺や薬師寺など車で20分県内にたくさんの世界遺産があります。

 今回は、世界遺産を紹介します。
 上の写真を見ておわかりのように、これは社寺の施設ではありません。でも、日本にある世界遺産です。
 どこにある何でしょう?


テーマ : 静岡県 - ジャンル : 地域情報

タグ : 複合資産 自然遺産 文化遺産 世界遺産 伊豆の国市 明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業 大砲 反射炉 萩反射炉

00:10  |  東海  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.09.10 (Sun)

夫婦で銅像クイズ


    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 今回の「銅像クイズ」はご夫婦で登場してもらいます。
 難易度は、2(やや易)かな。

 「夫婦」して歴史の教科書に載ってそうな人たちですから、もうそれだけで強力なヒントになりそうです。
 だから、この銅像がある場所もまだ言いません。

 さて、この夫婦、誰と誰でしょう?


テーマ : 静岡県 - ジャンル : 地域情報

タグ : 北条政子 源頼朝 伊豆の国市 蛭ヶ小島 夫婦 銅像クイズ

00:10  |  東海  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT