FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月  |HOME管理

2018.08.08 (Wed)

東海道の宿場 39~43

 今回は、「東海道の宿場を覚えよう!」の続きです。
 私は歩数計アプリを使って、東海道のバーチャル踏破を達成しているので、はやいとここの企画も制覇したいところだ。
 まずは、復習から。

   00 日本橋-
   01 品川-02 川崎 -03 神奈川-04 保土ヶ谷-05 戸塚-06 藤沢-
   07 平塚-08 大磯 -09 小田原-10 箱根  -11 三島-12 沼津-
   13 原 -14 吉原 -15 蒲原 -16 由比  -17 興津-18 江尻-
   19 府中-20 鞠子 -21 岡部 -22 藤枝  -23 島田-24 金谷-
   25 日坂-26 掛川 -27 袋井 -28 見附  -29 浜松-30 舞坂-
   31 新居-32 白須賀-33 二川 -34 吉田  -35 御油-36 赤坂-
   37 藤川-38 岡崎


 今日は、39~44番目の宿場を覚えましょう。


   『東海道五十三次之内 池鯉鮒』 歌川広重筆
    ※画像をクリックすると、大きな画像を見ることができます。


・39 池鯉鮒(ちりゅう)
 これは、読める人は少ないのではないか?
 この宿場は、現在の愛知県知立市に位置する。ということは……、そう、「ちりゅう」と読むのですね。
 「池」の部首が「さんずい」なので、そこから「30番台」をイメージ。
 「りゅう」→「きゅう」をイメージということでどうだろう。


・40 鳴海
 いよいよ40番目の宿場。ここから尾張に入る。現在は、名古屋市緑区。
 名鉄名古屋本線に鳴海駅がある。
 ここの暗記法は、本当に苦しい。苦しくて泣きそうだ。
「始終(40)泣いている」→「40 鳴海」で許してください。


・41 宮
 東海道で、最大の宿場。
 熱田神宮の門前町だから「宮」なんだろうな、きっと。
 最大の宿場が、「最もよい」というわけではないのだが、「よい」→から「41」をイメージ指定はどうだろうか。
 次の宿場である「桑名」までは、東海道でここだけ海路「七里の渡し」で結ばれている。また、「桑名」を飛び越えて、その次の宿場「四日市」までも「十里の渡し」で結ばれていた。「四日市」から「41」を連想するのもよい
スポンサーサイト


テーマ : 名古屋・愛知 - ジャンル : 地域情報

タグ : 熱田神宮 四日市 桑名 七里の渡し 鳴海 池鯉鮒 歌川広重 東海道五十三次 東海道

06:00  |  東海  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.07.25 (Wed)

東海道の宿場 33~38


   『東海道五十三次之内 二川』 歌川広重筆
    ※画像をクリックすると、大きな画像を見ることができます。


 今回は、「東海道の宿場を覚えよう!」の続きです。
 私は歩数計アプリを使って、東海道のバーチャル踏破を達成しているので、はやいとここの企画も制覇したいところだ。

 まずは、復習から。

   00 日本橋-
   01 品川-02 川崎 -03 神奈川-04 保土ヶ谷-05 戸塚-
   06 藤沢-07 平塚 -08 大磯 -09 小田原 -10 箱根-
   11 三島-12 沼津 -13 原  -14 吉原  -15 蒲原-
   16 由比-17 興津 -18 江尻 -19 府中  -20 鞠子-
   21 岡部-22 藤枝 -23 島田 -24 金谷  -25 日坂-
   26 掛川-27 袋井 -28 見附 -29 浜松  -30 舞坂-
   31 新居-32 白須賀-


 今日は、38番目の宿場までを覚えましょう。


・33 二川(ふたがわ)
 ここから三河の国に入る。
 「河」の次を「川」にすれば、「三川」。ここから「33」をイメージ。
 でも、宿場の名前は「二川」だから、なんだかややこしい。


・34 吉田
 現在の豊橋市の中心部。
 この位置にある宿場が「30番台」であることは、簡単に想像が付くから、あとは一の位の「4」がイメージできればよい。
 「よしだ」から「4」が簡単にイメージできる。


・35 御油(ごゆ)
 当時から「御油の松並木」が有名で、今でも残っているらしい。
 この宿場も覚え方は、さきほどの「吉田」と同じ。
 「30番台」は想像できるので、「5」がイメージできればよい。
 「ごゆ」は、「5」に直結する。


テーマ : 名古屋・愛知 - ジャンル : 地域情報

タグ : 東海道五十三次 歌川広重 宿場 東海道 岡崎 藤川 赤坂 御油 吉田 二川

06:00  |  東海  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.06.06 (Wed)

東海道の宿場 28~32


   「東海道五十三次之内 見附」 歌川広重筆
    ※画像をクリックすると、大きな画像を見ることができます。


 今回は、「東海道の宿場を覚えよう!」の続きです。
 前回は、東海道の真ん中、27番目の宿場までを覚えました。
 まずは、復習です。

   00 日本橋-
   01 品川-02 川崎-03 神奈川-04 保土ヶ谷-05 戸塚-
   06 藤沢-07 平塚-08 大磯 -09 小田原 -10 箱根-
   11 三島-12 沼津-13 原  -14 吉原  -15 蒲原-
   16 由比-17 興津-18 江尻 -19 府中  -20 鞠子-
   21 岡部-22 藤枝-23 島田 -24 金谷  -25 日坂-
   26 掛川-27 袋井

 今日は、32番目の宿場までを覚えましょう。


・28 見附
 静岡県の磐田市。天竜川の左岸。
 京都から来ると、このあたりで初めて富士山が見えるそうな。
「富士山、みっけ!」って感じだな。
「見」という漢字の中に、「ニ」と「八」を見つけてほしい。


・29 浜松

 東海道を実質の距離で考えると、浜松あたりが中間になるそうな。
 浜松の特産品といえば、ウナギ。
 今ではシェアがかなり落ちているそうだが、浜松といえば、やっぱりウナギ。
 肉(29)ではなく、ウナギ。


・30 舞坂

 切りのいい30番目の宿場。
 人間でいえば、30歳は一つの区切り目、山場となる。私は勝手にそう思っている。
 私が結婚したのも30歳だったし……。
 そこで、「30」からは「坂」を連想する。


・31 新居

「しんきょ」ではなく、「あらい」と読む。
 これが「にい」と読むなら、「21」を簡単に連想できたのにと思う。惜しい。
 その悔しさをバネにして、「新居」を無理に「にい」と読んで、だけど「21」ではなくて「31」と連想するようにしている。
 非常に苦しい。


・32 白須賀

 現在の静岡県の最も西にある宿場。
 これも、漢字の中に「数」を埋め込もうと思う。
「須」の中になら、「三二」が収まりそうだ。


 今回は、苦しい覚え方ばかりでした。
 なかなかうまくいきません。
 東海道の道のりは険しいことがわかりました。



テーマ : 静岡県 - ジャンル : 地域情報

タグ : 静岡県 磐田市 白須賀 新居 舞坂 浜松 見附 歌川広重 東海道五十三次

06:00  |  東海  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.05.13 (Sun)

東海道の宿場 22~27

 今回は、「東海道の宿場を覚えよう!」の続きです。
 いきなりですが、問題です。
 東海道で、大井川の両側にある宿場は何でしょう?


   「東海道五十三次之内 島田」 歌川広重筆
    ※画像をクリックすると、大きな画像を見ることができます。


 前回は、21番目の宿場までを覚えました。
 まずは、復習です。

   00 日本橋-
   01 品川-02 川崎-03 神奈川-04 保土ヶ谷-05 戸塚-
   06 藤沢-07 平塚-08 大磯 -09 小田原 -10 箱根-
   11 三島-12 沼津-13 原  -14 吉原  -15 蒲原-
   16 由比-17 興津-18 江尻 -19 府中  -20 鞠子-
   21 岡部-


 今日は、東海道のちょうど真ん中にあたる27番目の宿場までを覚えましょう。

・22 藤枝
 静岡県には藤枝市がありますが、私はどうもこのあたりに詳しくありません。
 「22」の語呂合わせで、覚えるのは簡単です。

・23 島田
・24 金谷(かなや)

 島田宿は、大井川の江戸側にある宿。
 金谷宿は、大井川の京都側にある宿。
 「23」と「島田」を結びつけるのがどうしてもうまくいかなくて、「島田ニーサン」と無理矢理に覚えることにしました。

 金谷については、埋め込み方式です。
 3×8=24 の「三八」を「金谷」の字の中にをはめ込みました。
 大井川を覚えるために、「大井川の西(24)側」と考えてもいいですね。




   「東海道五十三次之内 金谷」 歌川広重筆
    ※画像をクリックすると、大きな画像を見ることができます。


・25 日坂
 さて、この宿場は何と読むのか?
 覚える前に、私は読めなかったのです!


テーマ : 静岡県 - ジャンル : 地域情報

タグ : 真ん中 歌川広重 東海道五十三次 袋井 掛川 日坂 金谷 島田 大井川

00:10  |  東海  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.04.08 (Sun)

東海道の宿場 11~21


   「東海道五十三次之内 三島」 歌川広重筆
    ※画像をクリックすると、大きな画像を見ることができます。


 「東海道の宿場を覚えよう!」の続きです。
 前回は、日本橋を出発して10番目の宿場までを覚えました。
 復習です。言えるようになってますか?

   00 日本橋-
   01 品川-02 川崎-03 神奈川-04 保土ヶ谷-05 戸塚-
   06 藤沢-07 平塚-08 大磯 -09 小田原 -10 箱根


 今日はこの続きの11~21番目を覚えましょう。

・11 三島
・12 沼津

 すみません。上の2ヶ所は箱根からの勢いで覚えました。
 なんとなく地図が頭に入っていたので……。
 
・13 原
・14 吉原(よしわら)

 上記の2つの宿場名は「原」が続きます。
 「原」は、「さんだんばら(三段腹)」のイメージで。
 「吉原」は、「14」の「よん」からの連想で覚えました。

・15 蒲原(かんばら)
 「15」からの連想で「ゴレンジャー」。
 ささきいさおがエンディングテーマを歌っていて、その歌のイントロのバックコーラスで「バンバラバンバンバン」と歌われています。それを無理に「蒲原」に結びつけちゃいました。


テーマ : 静岡県 - ジャンル : 地域情報

タグ : 岡部まり 府中 江尻 興津 由比 蒲原 吉原 沼津 三島

00:20  |  東海  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT