01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月  |HOME管理

2017.01.15 (Sun)

覆水盆に返らず


   ※弘前駅付近で見つけたリンゴのオブジェ
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 「盆と正月が一緒に来たよう」ということわざがある。
 週休の制度がなかった頃は、盆と正月くらいしか休みがもらえなかったとか(藪入り)。
 奉公人はこのときだけは小遣いをもらって、実家に帰ることができたそうな。それはそれは楽しみにしていたと思う。
 その盆と正月が一緒に来たくらいのうれしさ、賑やかさということなんでしょう。

 一方、「覆水盆に返らず」の「盆」は、料理を運ぶときなどに使うお盆のこと。
 そんなことは、もちろんご存じでしょうけど、では、このことわざはどのような故事から生まれたかご存じですか?
 ちょっと、調べてみました。
スポンサーサイト


テーマ : 雑学・情報 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 太公望 呂尚 覆水盆に返らず 藪入り 盆と正月が一緒に来たよう リンゴ 弘前駅

00:10  |  言葉  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.12.23 (Fri)

公明正大


   ※本文とはほとんど関係のない写真です。
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 英語のイディオムの問題です。
 それは、「公明正大な」ということを表します。
 下線部に入る単語1つを答えてください。

   ____ and square

 「square」とは、正方形や長方形を表します。
 「square」だけでも、「公明正大な」という意味があります。
 日本語では、「四角四面」って感じでしょうか。

 たとえば、こんな感じで使われます。

   そのレースは公明正大なものだった。
   The race was ____ and square.


 さて、下線部に入る単語は何でしょう?

 簡単だと思うのですが、一つだけヒントを!
 韻を踏みます。



テーマ : 英語 - ジャンル : 学問・文化・芸術

00:10  |  言葉  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.12.18 (Sun)

恐怖症


   ※都庁から
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 私は高いところが苦手だ。
 英語で「高所恐怖症」のことを、次のようにいうらしい。

   acrophobia

 もしかしたら、「--恐怖症」のこと「--phobia」というのかもしれない。
 そう思って、次の言葉を調べてみた。

   閉所恐怖症
   暗所恐怖症



テーマ : 英語 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 恐怖症 広場恐怖症 暗所恐怖症 閉所恐怖症 acrophobia

00:10  |  言葉  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2016.12.14 (Wed)

路肩


   ※11月に雪が降った日の雪だるま。翌日には、軟弱になりました。

 英語を読んでいて、「へぇ~、そう言うんだぁ」と思うことがあったので、私の記録のためにも、書いておきます。

 それは、日本語に訳すと「路肩」です。
 もしかしたら、「『路肩』って何?」という人もいるかもしれません。
 『広辞苑』に寄れば……、

   道の、がけに沿った端の部分。また、道の両わきの部分。

 ま、そういうことです。
 これを英語で何というか?


テーマ : 英語 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 路肩 英語 雪だるま shoulder

06:00  |  言葉  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.11.18 (Fri)

トウモロコシとオクラ


   ※映画『白鯨との闘い』でのシーン
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 昨日のブログでは、映画『白鯨との闘い』を紹介した。
 この映画は、メルヴィルが『白鯨』を書くために取材をしているという設定だった。

 その映画の中でのワンシーン、船の中での食事。
 トウモロコシやオクラが食事中の話題になっていた。

 「あれ?」と思った。
 「え、もしかして、そうだったの?」と思った。

 映画を見終わった後に、気になって調べてみた。
 そしたら、「私が知らずに使っていたんだ」とわかった。


テーマ : 英語 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : メルヴィル 白鯨との闘い 陸蓮根 オカレンコン オクラ トウモロコシ アメリカネリ okra アオイ科

00:10  |  言葉  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME |  NEXT