02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月  |HOME管理

2017.03.21 (Tue)

地域最大級



 今日のブログは、「ぼやき」です。
 私は、最近、次の言葉が気になってます。


   地域最大級


 ほんとに、よく見聞きします。
 パチンコ店や家電量販店、ホームセンターなどが多いかな。

 とっても便利な言葉だと思う。
 たぶん、10年前にはこんな言葉を使ってなかったと思うけど……。

 これって、よくわからん、ふんわりとした、「何とでもなる言葉」だと思う。
 どうしてかって?
スポンサーサイト


テーマ : 思うこと - ジャンル : 学問・文化・芸術

00:10  |  言葉  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.03.17 (Fri)

わんわんコーナー(その6)


   ※あつあつのたこ焼き


 すこしだけ好評の「ワンワンコーナー」です。
 8ヶ月ぶりになりますが、やってみたいと思います。

 ルールは簡単。
 みなさんに、5問分の第1ヒントを出します。「ワンワン」や「ニャンニャン」といった「畳語」を連想して当ててください。

   (1)おおかた
   (2)健康
   (3)手当たり次第
   (4)鉄面皮
   (5)急ピッチ


 まずは、これで連想してください。
 一発で当てたら、すごい!

 でも、そもそも「連想ゲーム」ですから、一つのヒントから何を連想するかは人それぞれ。一発で当たる方が珍しいのです。


テーマ : 雑学・情報 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 概数 貪欲 厚顔 急ピッチ 鉄面皮 手当たり次第 ワンワンコーナー

00:10  |  言葉  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.03.12 (Sun)

轍鮒の急


   ※荘子(Wikipedia)


 久しぶりの故事成語シリーズ。
 今回は「轍鮒の急」。これは、「てっぷのきゅう」と読む。

 そういう故事成語があるのは知っていたが、意味を知らない。
 これまで調べたこともなかった。

 「轍」は「わだち」、車輪が通った跡だな。
 「鮒」は、魚の「フナ」。
 「急」はなんだろう? そのまま「急ぐ」ってこと?

 調べてみたら、意味がわかりました。
 荘子(BC369頃~BC286頃)のエピソードのようです。


テーマ : 雑学・情報 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 危険 荘子 てっぷのきゅう 轍鮒の急 故事成語

00:10  |  言葉  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2017.01.15 (Sun)

覆水盆に返らず


   ※弘前駅付近で見つけたリンゴのオブジェ
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 「盆と正月が一緒に来たよう」ということわざがある。
 週休の制度がなかった頃は、盆と正月くらいしか休みがもらえなかったとか(藪入り)。
 奉公人はこのときだけは小遣いをもらって、実家に帰ることができたそうな。それはそれは楽しみにしていたと思う。
 その盆と正月が一緒に来たくらいのうれしさ、賑やかさということなんでしょう。

 一方、「覆水盆に返らず」の「盆」は、料理を運ぶときなどに使うお盆のこと。
 そんなことは、もちろんご存じでしょうけど、では、このことわざはどのような故事から生まれたかご存じですか?
 ちょっと、調べてみました。


テーマ : 雑学・情報 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 太公望 呂尚 覆水盆に返らず 藪入り 盆と正月が一緒に来たよう リンゴ 弘前駅

00:10  |  言葉  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.12.23 (Fri)

公明正大


   ※本文とはほとんど関係のない写真です。
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 英語のイディオムの問題です。
 それは、「公明正大な」ということを表します。
 下線部に入る単語1つを答えてください。

   ____ and square

 「square」とは、正方形や長方形を表します。
 「square」だけでも、「公明正大な」という意味があります。
 日本語では、「四角四面」って感じでしょうか。

 たとえば、こんな感じで使われます。

   そのレースは公明正大なものだった。
   The race was ____ and square.


 さて、下線部に入る単語は何でしょう?

 簡単だと思うのですが、一つだけヒントを!
 韻を踏みます。



テーマ : 英語 - ジャンル : 学問・文化・芸術

00:10  |  言葉  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT