01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月  |HOME管理

2017.02.17 (Fri)

川崎・怪獣酒場


   ※川崎・怪獣酒場
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 川崎駅から歩いて行ける距離のところに「怪獣酒場」という居酒屋がある。
 怪獣だって、お酒を飲みたいのだ。
 以前から、とにかく見ておきたいと思っていた。


   怪獣酒場
   http://kaiju-sakaba.com/

 そのお店は地下にあった。
 中には入っていない。一人だったので、入る勇気がなかった。
 どれくらいの広さなんだろう?

 いくつかの資料を掲載する。
 勇気がある人は調査に行って欲しい。
スポンサーサイト


テーマ : 神奈川県 - ジャンル : 地域情報

タグ : 怪獣酒場 川崎駅 バルタン星人 レッドキング キングジョー ゼットン カネゴン アントラー

00:10  |  神奈川  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.02.15 (Wed)

横浜市・成仏寺


   ※横浜市・成仏寺
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 最近、私のブログではお寺を紹介することが多くなってきた。

 しかし、ここはお寺のブログではありません。「雑学のソムリエ」ですから、そこには何かしら「雑学」を混ぜたいのです。でも、まるっきりお寺の紹介になっていることもありますね。反省せねば。

 さて、今日は、横浜市神奈川区にある浄土宗のお寺、成仏寺(じょうぶつじ)を紹介します。
 古くからあるお寺なのですが、私が注目したのは、ここが外国人宣教師の宿舎であったというところです。


    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 日米和親条約により、下田が開港された際、このお寺が外国人宣教師の宿舎として利用されました。

 日本で最初の和英辞典を完成させたヘボンは、本堂に住んでいたそうです。ヘボン式ローマ字で有名なヘボンです。
 ここに3年住んだあと、横浜居留地に引っ越しています。
 以前に、ヘボンの邸宅跡を訪れたときのこともブログに書きました。→ コチラ

 また、アメリカの宣教師のブラウンは、この寺の庫裏(くり)に住んでいたそうです。
 さらに、成仏寺では日本語塾が開かれ、そこでは、イギリスの外交官のアーネスト・サトウも学んでいます。

 そういう意味ではなかなか重要なお寺なのですが、私が訪れたときには私一人だけでした。


   ※S・R・ブラウンとJ・C・ヘボンが最初に滞在した横浜の成仏寺(Wikipedia)
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



   ※成仏寺
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。




テーマ : 横浜!YOKOHAMA! - ジャンル : 地域情報

タグ : アーネスト・サトウ 横浜居留地 ヘボン 和英辞典 下田 日米和親条約 外国人宣教師 横浜市 成仏寺

06:00  |  神奈川  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.02.08 (Wed)

川崎大師駅から川崎大師へ


   ※川崎大師駅
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 上の写真は川崎大師駅。
 この駅で降りたわけでも、この駅から電車に乗ったわけでもないのだが、初めてやってきたので記念に撮影。
 私は、川崎駅から川崎大師駅まで歩いてやってきた。
 目的地はもちろん、川崎大師。こちらも初めて。

 今回は、駅から川崎大師までの写真集。


   ※駅前からごりやく通りが始まる
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



   ※ごりやく通りではなく、表参道へ
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



テーマ : 神奈川 - ジャンル : 地域情報

タグ : 包丁 飴屋 仲見世 表参道 ごりやく通り 川崎大師 川崎駅 川崎大師駅

06:00  |  神奈川  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.01.31 (Tue)

生麦事件


   ※京急 生麦駅
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 初めて「生麦事件」という言葉を聞いたとき、この「生麦」はリアルな「生麦」で、「生麦」が事の発端で何か大きな事件に発展したのだろうなと思った。
 まさか、「生麦」が地名だったとは……。
 不思議な地名だ。「生麦」を作っていたのかな?


    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 さて、「生麦事件」が起きたのは、1862年のこと。
「文久2年(1862)8月21日、島津久光の行列が生麦にさしかかった際、イギリス人4人が騎馬のまま行列の前を通過しようとしたのを怒り、従士が殺傷した事件。翌年イギリス軍艦の鹿児島砲撃(薩英戦争)の原因となったが、幕府は責任を負い、償金10万ポンドをイギリスに支払った(広辞苑)」――という事件。

 明治16年(1883)に「生麦事件之碑」が立てられている。
 それを見に行った。


テーマ : 神奈川 - ジャンル : 地域情報

タグ : メインストリート キリンビール 東海道 生麦事件之碑 薩英戦争 島津久光 生麦 生麦事件 生麦駅

00:10  |  神奈川  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.01.30 (Mon)

オランダ領事館跡


   ※神奈川新町駅
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



   ※神奈川通東公園
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 先日、東海道の神奈川宿近辺を歩いた。
 神奈川新町駅の近くに公園(神奈川通東公園)がある。

 この公園は、昔、長延寺というお寺があったところ。
 このお寺に9歳の岡倉天心(当時は、「角蔵」)は預けられ、漢籍や英語を学んだそうだ。

 この長延寺は、別のことでも知られている。
 日米修好通商条約で神奈川の開港が要求された。そこで、オランダ領事館がこの長延寺に置かれた。

 しかし、実際には神奈川ではなく横浜が開港されたので、オランダ領事館は移転。
 その長延寺も、区画整理のために、昭和40年に移転。
 現在は、公園になっているというわけ。


    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



   ※オランダ領事館跡碑
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。




テーマ : 神奈川 - ジャンル : 地域情報

タグ : 横浜開港 長延寺 オランダ領事館 日米修好通商条約 岡倉天心 神奈川通東公園 神奈川新町駅 神奈川宿 東海道

06:00  |  神奈川  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT