fc2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月  |HOME管理

2024.01.25 (Thu)

銅像クイズ171 in 東京


   遠くに東京駅!
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 これくらい離れた距離に東京駅が見えています。
 背中の方角に少し歩くと……。
 下のような案内標識がありました。

 左に200m行くと、有名な銅像があります。
 さて、誰でしょう?

 難易度は……、5段階の2(簡単)です。


   左に200m行くと……
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



   銅像クイズ
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。

スポンサーサイト





テーマ : 東京23区 - ジャンル : 地域情報

00:10  |  関東  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2023.06.01 (Thu)

京浜急行電鉄 発祥の地


   川崎大師駅
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 「京急」という鉄道会社があるというのを知ったのは、横浜に住むようになってからだった(現在、私は、奈良在住)。

 先日、川崎大師の帰り、川崎大師駅の駅前で、京浜急行電鉄の「発祥之地」のモニュメントを見つけました。


   京浜急行電鉄の「発祥之地」
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



   「発祥之地」の説明
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 説明によれば、現在の京浜急行電鉄は、明治に大師電気鉄道として設立されたのが最初。
 そのときは、六郷橋駅(今は存在しない)から大師駅(現在の川崎大師駅)までの路線だった。

 駅前には、「けいきゅん」の像もありました。


   けいきゅん
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。




テーマ : 神奈川県 - ジャンル : 地域情報

06:00  |  関東  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2023.05.27 (Sat)

誠之堂・清風亭


   誠之堂
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 埼玉県の深谷市には、渋沢栄一に関連する施設が多い。
 誠之堂と清風亭を訪れました。
 閉館間際だったのですが、逆のそれがよかったのか、係の方がていねいに説明してくださりました。

 誠之堂(せいしどう)は、渋沢栄一の喜寿(77歳)を祝って第一銀行の行員たちの出資により建築されたものです。
 1999年に、東京世田谷区から深谷市に移築されました。
 煉瓦の建築がとても美しい! 国の重要文化財です。

 誠之堂の大広間の暖炉脇の窓には、6面のステンドグラスがあります。詳しくは、最後に紹介しているリンク先をご覧ください。
 外壁には、「喜寿」を見つけることができます。


   誠之堂の大広間
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



   「喜寿」とあります
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 もう一つ。誠之堂の隣に、「清風亭」があります。
 大正15年(1926)に、当時第一銀行頭取であった佐々木勇之助の古希(70歳)を記念して、清和園内に誠之堂と並べて建てられました。
 こちらも東京世田谷区から移築されたものです。

 この建物で、安室奈美恵のミュージック・ビデオが撮影されたそうです。
 それも見つけましたので、ご覧ください。


   清風亭
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



   清風亭の内部
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。




   誠之堂・清和園
   https://www.city.fukaya.saitama.jp/soshiki/kyoiku/bunka/tanto/seisido_seifutei/



テーマ : 埼玉県 - ジャンル : 地域情報

06:00  |  関東  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2023.05.18 (Thu)

深谷駅


   深谷駅 駅舎を東側から
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 埼玉県の深谷市にあるJR高崎線の「深谷駅」です。
 初めて訪れました。

 ご覧のように、まるで東京駅。
 東京駅の駅舎が、深谷産のレンガを使っていることにちなみ、東京駅を模して建造された。
 「ミニ東京駅」と呼ばれている。

 このような駅舎になったのは、1996年7月から。

   深谷駅
   https://chocotabi-saitama.jp/spot/19092?back=1


   深谷駅 駅舎を北側から
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 煉瓦造りに見えるが、実はそうではない。
 コンクリートの壁面にレンガのようなタイルを貼っている。
 それでも、やはり、この駅舎はかっこいい。


   青淵広場にある渋沢栄一の銅像
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 駅の北側には「青淵広場」という広場があって、そこには渋沢栄一の銅像がありました。
 駅の周辺は、とにかく渋沢栄一の雰囲気でいっぱいでした。



テーマ : 埼玉県 - ジャンル : 地域情報

06:00  |  関東  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2023.05.10 (Wed)

日本煉瓦製造株式会社 旧煉瓦製造施設


   日本煉瓦製造株式会社 旧煉瓦製造施設
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 埼玉県の深谷市は、昔、煉瓦造りで有名でした。
 そこで、ここを訪れました。
 土曜日と日曜日しか会館していないのですが、うまくタイミングが合いました。

 当時の工場の一部として、「ホフマン輪窯6号窯」「旧事務所」「旧変電室」が残されています。

   日本煉瓦製造株式会社 旧煉瓦製造施設
   https://www.saihokunavi.net/shop/shop.shtml?s=528


   日本煉瓦製造株式会社 旧煉瓦製造施設
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 深谷市ですから、もちろん、渋沢栄一と関係があります。
 スタッフの方が、とても丁寧に説明してくださいました。
 明治政府が渋沢栄一に要請し、完成した大規模なレンガ工場です。最盛期には、6基の窯が稼働したそうです。
 24時間、火を燃やし続けて、稼働していたそうです。
 東京駅、迎賓館……、たくさんのレンガの需要があったということですね。


   日本煉瓦製造株式会社 旧煉瓦製造施設
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 私たちがいったときには、「ホフマン輪窯6号窯」は修繕のため閉鎖されていました。
 残念でした。機会があれば、再挑戦したいです。
 写真だけでもご覧ください。


   現存する「ホフマン輪窯6号窯」
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



   1978年当時のホフマン輪窯6号窯外観(パンフレットから)
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。




テーマ : 埼玉県 - ジャンル : 地域情報

06:00  |  関東  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT