05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月  |HOME管理

2017.06.19 (Mon)

♪ガラス越しに消えた夏



 シャネルズやラッツ&スターでヒット曲を連発していたから、これがソロでのデビュー曲だと聞いても、新鮮味は薄かった。
 しかし、デビュー曲でこれだけの曲、これだけの歌唱力となると、これはを売れて当たり前だったのかもしれない。


   鈴木雅之 『ガラス越しに消えた夏』
    作詞:松本一起  作曲:大沢誉志幸
    歌詞

 この曲は、1986年の2月にリリース。
 日清食品の「カップヌードル」のキャンペーンソング。
 この曲を使うのだから、カップヌードルというものの「格」が数ランクアップしたような気がした。カップヌードルがかっこよく見えた。

   やがて夜が明ける 今は冷めた色
   次のカーブ切れば あの日消えた夏


 静かに曲はスタートする。
 いい感じだ。

 大ヒットしたわけではない。
 オリコンで、最高15位。
 だけど、それ以上の記憶が残っている。たまにラジオでかかると、うれしくって仕方がない。もちろん、最後まで聞く。
 この曲は、そういう曲だ。

   サヨナラを繰り返し 君は大人になる
   ときめきととまどいを その胸にしのばせて


 「サヨナラを繰り返し」からのフレーズが、聞いたときのそれぞれのタイミングで心に突き刺さる。
 そうなんだよなと思う。

 聞いてみてください。
 何かズシンと来ると思います。



 鈴木雅之は、1991年に『紅白歌合戦』に初出場したとき、この曲を歌っている。
 また、去年(2016)のレコード大賞では、最優秀歌唱賞を受賞して、やはりこの曲を歌っていた。

スポンサーサイト


テーマ : 懐かしい歌謡曲 - ジャンル : 音楽

タグ : 最優秀歌唱賞 紅白歌合戦 サヨナラを繰り返し君は大人になる カップヌードル 大沢誉志幸 ガラス越しに消えた夏 ラッツ&スター シャネルズ 鈴木雅之

06:00  |  音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.06.13 (Tue)

カホン


   ※カホン
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 先日、初めて、「カホン」という楽器を見た。
 演奏の終了後、無理を言って見せてもらった。
 私は →Pia-no-jaC←(ピアノジャック)というユニットの演奏が好きで、「カホン」という楽器があることは知っていた。

 しかし、→Pia-no-jaC← の演奏を聴くのはCDばかり、目の前で演奏を見たことがない。もっといえば、「カホン」という楽器すら見たことがない。
 ところが、先日、カホンを見るチャンスが訪れたのだ。

 上の写真のように、まるで「木製の箱」。
 「まるで」というより、「そのもの」だ。

 で、このカホンの大きさは……、


テーマ : 楽器 - ジャンル : 音楽

タグ : 熊蜂の飛行 組曲『』 木製の箱 ピアノジャック →Pia-no-jaC← カホン

06:00  |  音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2017.06.12 (Mon)

♪君は1000%



 ボーカルの杉山清貴が抜けて、カルロス・トシキが加入。
 バンドの名称が、「1986オメガトライブ」になった。
 その 1986オメガトライブ のデビュー曲。


   1986オメガトライブ 『君は1000%』
    作詞:有川正沙子  作曲:和泉常寛
    歌詞

 ボーカルを変えるなんていうのは、バンドにとっては大変なことだと思う。
 なんせ杉山清貴でヒット曲をバンバン飛ばしていたわけだから、後任をどうするかというのはきっと大問題だったと思う。

 結果として、カルロスの起用は大正解。
 この人のボーカルは不思議。
 力強く歌っても、このピュアさ、甘ったるさ。
 このあとヒット曲を連発することになる。

   君は微笑だけで 海辺のヴィラ 夏に変えてく
   僕のイニシャルついた シャツに着換え 何故 走りだすの


 『君は1000%』は、1986年の5月1日にリリース。
 1986年というのは、ハレー彗星がやってきた年。
 だからこそバンド名に「1986」が入っているのだと思う。
 だからこそ、『1986年のマリリン』なんて曲があったのだと思う。

   君は1000% 輝くハレーの雫を
   その髪に散りばめ


 オリコンで最高6位、『ザ・ベストテン』では、最高2位。
 私も大好きで大好きで、当時、この曲ばかり歌ってました。

 では、聞いてください。
 1986年の『ザ・ベストテン』、スポットライトのときです。



 1986年というのは、私が大学を卒業して、教師という仕事を始めた年。
 最初の遠足のバスの中で、生徒がこの歌を歌ったのをよく覚えている。

 『Super Chance』もよかったなぁ。
 『Stay girl Stay pure』もよかったなぁ。
 『DOWN TOWN MYSTERY』(カルロス・トシキ&オメガトライブ)もよかったなぁ。
 『アクアマリンのままでいて』(カルロス・トシキ&オメガトライブ)もよかったなぁ。

 私はオメガトライブの曲が好きだ。



テーマ : 懐かしい歌謡曲 - ジャンル : 音楽

タグ : オメガトライブ アクアマリンのままでいて SuperChance スポットライト ザ・ベストテン 輝くハレーの雫を 君は1000% 1986オメガトライブ カルロス・トシキ 杉山清貴

06:00  |  音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.06.05 (Mon)

♪夏ざかり ほの字組



 郷ひろみ・樹木希林の『お化けのロック』、『林檎殺人事件』のように、田原俊彦と研ナオコがデュエットした曲が大ヒットしたことがありました。


   Toshi & Naoko 『夏ざかり ほの字組』
    作詞:阿久悠  作曲:筒美京平
    歌詞

 1985年7月にリリース。
 え~、30年以上前の曲なの? 自分で書いてて驚いてます。

 オリコンで週間5位、『ザ・ベストテン』では2位を記録。
 研ナオコのランクインは、『夏をあきらめて』以来になります。

 歌は、トシちゃんのソロから始まります。

   ほの字だね これで通じるだろう
   何故なんて ワケは野暮と言うものだよ


 二人の息がぴったりという感じがします。
 きっと仲がよいのでしょうね。
 しかし、研ナオコのソロの部分はかなり少なめです。

   ほの字は ソロのドラムの響きで
   昨日までの他人 今日は熱烈にさせる


 では、聞いてください。
 聞いてると楽しくなってきますよ。



 歌詞は……、意味があるのかないのか、私にはよくわかりません。
 「ほの字」が何度も出てきます。



テーマ : 懐かしい歌謡曲 - ジャンル : 音楽

タグ : 筒美京平 阿久悠 夏ざかりほの字組 Toshi&Naoko デュエット 研ナオコ 田原俊彦 林檎殺人事件 樹木希林 郷ひろみ

06:00  |  音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.05.29 (Mon)

♪MERRY X'MAS IN SUMMER



 夏が近づいているので、久しぶりにこういう曲はいかがでしょう?
 『BAN BAN BAN』でデビューしたバンドは、シングルを4曲しか出していません。
 その中の1曲です。


   KUWATA BAND 『MERRY X'MAS IN SUMMER』
    作詞:桑田佳祐  作曲:KUWATA BAND
    歌詞

 サザンオールスターズがデビューしたのが、1978年。
 その9年目の1986年に KUWATA BAND は1年間の限定ということで結成されました。

 この『MERRY X'MAS IN SUMMER』は、KUWATA BANDの3枚目のシングル。
 1986年7月5日、『スキップ・ビート』と同時にリリース。
 デビュー曲の『BAN BAN BAN』や『スキップ・ビート』は、『ザ・ベストテン』で1位を獲得しているが、この曲は最高3位でした。

   恋は真夏のHistory
   I've been cryin', X'mas in Summer
   砂に書いた言葉
   My baby, I called you, Oh no!!


 クリスマスソングといえば「重い」というイメージがあるのですが、この曲は軽~く聞けます。
 夏という設定だからでしょうかね。

   Let it be この夏は もうこれきりね
   夢見るよな 甘いBrown-eyes
   お別れで 濡れてた


 では、聞いてください。
 この動画、ものすごいメンバーが集まっています。



 実際のクリスマスにも聞きますし、夏にも聞きますし、私のお気に入りなので、じつは季節にかかわらず聞いています。



テーマ : 懐かしい歌謡曲 - ジャンル : 音楽

タグ : クリスマスソング 恋は真夏のHistory スキップ・ビート サザンオールスターズ 桑田佳祐 MERRY_X'MAS_IN_SUMMER KUWATA_BAND BANBANBAN

06:00  |  音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT