FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月  |HOME管理

2018.09.23 (Sun)

学問のすゝめ


   『学問のすゝめ』
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



   『学問のすゝめ』
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 先日紹介した、大分県中津市の「福沢諭吉旧居」のすぐ近くには、「福澤記念館」というのがあります。

 上の『学問のすゝめ』は、初版本です。福澤記念館に展示されていました。
 『西洋事情』や『文明論之概略』などの有名な本も展示されていました。

   福澤記念館
   http://fukuzawakyukyo.com/


   『西洋事情』
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



   『文明論之概略』
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 他にも、「この頃からあったのか!」というものを見つけました!
スポンサーサイト


テーマ : 本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 類似タイトル 雑学のすゝめ 文明論之概略 西洋事情 福澤記念館 福沢諭吉旧居 中津市 大分県 学問のすゝめ

00:10  |  本の紹介  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.08.22 (Wed)

博士の愛した数式



 訳あってこの本を再読することにした。
 相変わらず、とても読みやすい本だ。
 数学が苦手な人でも、わかるように配慮されている。

    『 博士の愛した数式 』  小川洋子

------------------------------------------------------------------
「ぼくの記憶は80分しかもたない」
 博士の背広の袖には、そう書かれた古びたメモが留められていた。
――記憶力を失った博士にとって、私は常に“新しい”家政婦。博士は“初対面”の私に、靴のサイズや誕生日を尋ねた。数字が博士の言葉だった。
 やがて私の10歳の息子が加わり、ぎこちない日々は驚きと歓びに満ちたものに変わった。あまりに悲しく暖かい、奇跡の愛の物語。第1回本屋大賞受賞。
------------------------------------------------------------------


 18世紀の数学者オイラーについて調べていて、そういえば、この本にも「オイラーの公式」が登場していたことを思い出したのです。
 思い出したら、読みたくなって……。

 家政婦さんが1から10までの整数の和を求める方法を思いつき、それを息子が博士に説明し、博士が賞賛するシーンは、なんど読んでもジーンとくる。
 そう。数学には感動できる瞬間がある。
 たとえゴールインできなくても、そのことについて考えている時間、答えが見つからない時間は、尊いと思う。



テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 1から10までの整数の和 オイラーの公式 オイラー ぼくの記憶は80分しかもたない 家政婦 博士 小川洋子 博士の愛した数式

06:00  |  本の紹介  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.08.12 (Sun)

あなたの知らない「身のまわりの単位」事典



 今回は、7月にPHP出版から出た私の新刊のPRです。
 私は、ぜひ一度、PHP出版から出したかったのです。願いが叶いました。
 でも、残念ながら、この本は、一般の書店やamazon等のネット書店では扱っていないのです。


    『 雑学ソムリエが教える あなたの知らない「身のまわりの単位」事典 』
     星田直彦(PHP研究所)

------------------------------------------------------------------
 私たちの身のまわりには単位がいっぱい!
 毎日接している単位から新聞・ニュース・ネットを賑わす単位まで、その由来やしくみをイラストとともに楽しく知ることができる1冊です。
------------------------------------------------------------------


 では、どうやってこの本を手に入れるのか?
 まあ、手に入れようと思っていない人も、「へぇ~、そんなのあるんだ」となるかもしれませんから、話だけでも聞いてくださるとうれしいです。


テーマ : 本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : チラシ くらしのパートナー コープ 単位 あなたの知らない「身のまわりの単位」事典 一般の書店 amazon 私の新刊 PHP出版

00:10  |  本の紹介  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.07.17 (Tue)

楽しくわかる数学の基礎



 10日ほど前のブログで、私、星田直彦の新刊の紹介をしたところですが、今年2冊目の本が出ました。
 考えられないくらいに良心的にカウントすると、この本が私の25冊目です!


    『 楽しくわかる数学の基礎 』
    星田直彦(ソフトバンク サイエンス・アイ新書)

 内容は小学校高学年から高校の数Ⅰに渡っていますが、メインは中学段階の数学(数と式、方程式、関数の分野)です。
 中高の学校数学とはひと味違った視点で、内容を解説しています。

------------------------------------------------------------------
 あのときの「つまずき」をいま、蹴飛ばせ!
 
 数学は苦手。そう思っていませんか?
 けれど、数式やグラフにも意味があり、ごく簡単な理屈が積み重なったことで難しそうに見えているだけなのです。だから、「自分がつまずいたところ」さえクリアすれば、もうこちらのもの。数の世界のおもしろさを実感できます。
 そこで本書では、数学の不得意な学生を多数導いた著者が、身近な話もまじえて、ポイントを一気に解説していきます。
「そういうことだったのか! 」の楽しさをぜひ。
------------------------------------------------------------------


 奥付に載っている「発行日」は7月25日となっていますが、amazon 等のネット書店ではすでに購入可能です。

 なお、この本は、2008年に刊行された『楽しく学ぶ数学の基礎』を改訂、再編集したものです。2008年の本をお持ちの方は、ご注意ください。
 お持ちでない方は、ぜひ、書店でご覧ください。

 2008年の本は、いくつかの大学で「学び直しのテキスト」として利用されています。引き続き、よろしくおねがいします。



テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 学び直し 楽しく学ぶ数学の基礎 楽しくわかる数学の基礎 つまずき 新刊 星田直彦

00:10  |  本の紹介  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.07.06 (Fri)

あなたの知らない「身のまわりの単位」事典



 私、星田直彦の新刊が出ました。
「雑学ソムリエが教える」なんてのがついているのが、かなり恥ずかしいのですが、このほうがよいって編集の方がおっしゃるものですから……。

 奥付に載っている「発行日」は7月18日となっていますが、下記のサイトではもう購入可能のようです。

    『 雑学ソムリエが教える あなたの知らない「身のまわりの単位」事典 』
     星田直彦(PHP研究所)

------------------------------------------------------------------
 私たちの身のまわりには単位がいっぱい!
 毎日接している単位から新聞・ニュース・ネットを賑わす単位まで、その由来やしくみをイラストとともに楽しく知ることができる1冊です。
------------------------------------------------------------------


 ぜひ、ご覧ください。
――と言いながら申し訳ないのですが、書店では見ることはできません。
 amazon等のネット書店でも扱っていません。

 PHPのサイトで注文していただくか(送料がかかります! スミマセン)、コープ・生協の宅配をご利用の方は、注文チラシに掲載されているのを見つけたらそこで買えます。
 なんとも、手に入れづらいのですが、こういう「売り方」もあるのだなと初めて知りました。



テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 注文チラシ 生協 コープ PHP研究所 あなたの知らない「身のまわりの単位」事典 雑学ソムリエが教える 星田直彦

00:30  |  本の紹介  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT