10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月  |HOME管理

2017.11.04 (Sat)

晴れの特異日


   文化の日の富士山
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 「特異日」という言葉がある。
 ウィキペディアによれば……

 特異日とは、その前後の日と比べて偶然とは思われない程の高い確率で、特定の気象状態(天気、気温、日照時間など)が現れる日のこと

 たとえば、11月3日が晴れの特異日である。
 昨日もやはり晴れていた。

 上の写真は、昨日の富士山。新幹線の車窓から。
 世間は連休だということで、新幹線はとても混雑していた。

 もちろん「雨の特異日」というのもある。
 「猛暑の特異日」や「台風襲来の特異日」というのもある。

 自分では気がついてないだけど、きちんと記録を取ったら、「機嫌の悪い特異日」とか「声の調子のよい特異日」とかあるかもしれない。

スポンサーサイト


テーマ : 雑学・情報 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 台風襲来の特異日 猛暑の特異日 晴れの特異日 気象状態 高い確率 特異日 富士山 文化の日

06:00  |  雑学 ★雑木話★  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.10.15 (Sun)

さつまいもの日


   さつまいも
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 先日、出勤前にスーパーに寄ったら、「10月13日は、さつまいもの日です!」とスピーカーが連呼していた。その近くに「焼き芋」が売られていた。
 おいしそうだったので買ってみた。

 それはよいのだが、どうして10月13日が「さつまいも」の日なのだろう?

・サツマイモが伝えられた日
・青木昆陽との関連
・何かの語呂合わせ

――などを考えたが、そうこうしているうちにひらめいた。

 さつまいものことを「栗(九里)よりうまい十三里」というではないか。
 きっと、だから、13日なんだな。
 ちなみに、「栗より」の「より」は「四里」を意味し、「九里+四里=十三里」ってことです。

 では、10月というのは……?
 それが思い浮かばない。
 単純に、サツマイモのおいしい時期だからかな?

 ここまで推測した上で、ネットでちょちょいと検索してみたら……。


テーマ : 雑学・情報 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : バター 川越いも友の会 十三里 語呂合わせ 青木昆陽 焼き芋 10月13日 さつまいも

00:10  |  雑学 ★雑木話★  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2017.09.24 (Sun)

和歌山市で銅像クイズ


    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 人気の銅像クイズです。
 今回の銅像は、和歌山市にあります男性の銅像。
 難易度は、最高難度の5(難)だと思います。

 だから、いくつかヒントを言います。

・和歌山にゆかりの人(これは、当たり前か)
・幕末から明治にかけて活躍
・中学校の歴史の教科書に載っている。
・坂本龍馬と行動を共にしていた時期がある。

 これで、難易度は4になったかな。
 さて、誰でしょう?


    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



テーマ : 歴史雑学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 坂本龍馬 幕末 和歌山市 銅像クイズ伊藤博文 蹇蹇録 岡公園 条約改正 陸奥宗光

00:10  |  雑学 ★雑木話★  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.09.22 (Fri)

金メダルの大きさ


   ミュンヘンオリンピックの金メダル
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 今年はオリンピックイヤーではないけれど、まあ、思いついたときに書いておこうと思います。
 みなさんは、オリンピックのメダルがどれくらいの大きさかご存じですか?
 いやいや、比喩ではなくて、リアルな大きさ。
 メダルに関しては、規定があるようなのです。

 先日、生まれて初めて、本物の金メダルを持ちました。
 1972年のミュンヘンオリンピックのときの金メダルで、直径65mm、厚さ4mm、重さが158g でした。

 もちろん、このサイズは規定をクリアしているのですが、どのような規定なのでしょうか?


テーマ : 柔道 - ジャンル : スポーツ

タグ : 豆知識 金メダル オリンピック ミュンヘン リオデジャネイロ 月桂樹 ニケ

00:10  |  雑学 ★雑木話★  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.08.23 (Wed)

長篠の戦い


   長篠合戦図屏風(Wikipedia)
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 教員採用試験の形式は都道府県、自治体によってかなり異なる。
 ある自治体の小学校の教員を目指すゼミ生によれば、2次試験で模擬授業をするとのこと。
 彼女は、その題材として「長篠の戦い」を選んだ。
 私も興味があったのですこし調べてみたら、知らなかったことがいっぱいだった。

 私が「長篠の戦い」について知っていたのは以下のことくらい。

  ・織田信長、徳川家康連合軍と武田勝頼軍の戦い。
  ・織田信長は鉄砲を使った。
  ・連合軍が勝った

 当時の武田騎馬軍団は「最強」と言われていた。
 それを相手にするのだから、普通なら連合軍の士気は落ちるはず。

 連合軍はまず、数で勝っていた。
 連合軍は3万8千、武田軍は1万(諸説あり)。
 私は、桶狭間のときのように、少ない軍勢で打ち破ったとばかり思っていた。全然違っていた。

 鉄砲は3000丁を準備したと言われている。
 「三段打ち」をおこなったとされている。
 騎馬軍に対しては、柵が功を奏したとされる。

 もっと書物を読めば、さらに知識が深まるだろう。
 今回、私は、兵数がこんなにも違っていたということに驚いたのです。

 ちなみに、長篠の戦いが起こったのは天正3年(1575年)のこと。
 「一発粉々」と覚えるとよいと学生に教えてもらった。
 それなら、「1857年」と間違えるのではと思ったが、1857年だと江戸末期になってしまう。間違えることはないと思った。
 いまでは、私の頭の中に「一発粉々」が定着している。



テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 1857年 一発粉々 三段打ち 武田騎馬軍団 鉄砲 武田勝頼 徳川家康 織田信長 長篠の戦い 長篠合戦図屏風

06:00  |  雑学 ★雑木話★  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT