FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月  |HOME管理

2020.01.23 (Thu)

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム



 おなじみのシリーズ物。
 これくらいのスケール感の話が好きだな。

   『 スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム 』

------------------------------------------------------------------
 ピーターは夏休みに、学校の友人たちとヨーロッパ旅行に出かける。しかしそこに待っていたのは、元S.H.I.E.L.D.長官であるニック・フューリーだった。迫りくる新たな脅威を察したニックは、スパイダーマンの力を必要としていたのだ。
 目の前に立ちはだかる脅威に立ち向かう使命を、ニックは怖気づくスパイダーマンに託す。ヴェネチア、ベルリン、ロンドンといったヨーロッパ都市をはじめ、各国を危機に陥れるのは、“火”や“水”など自然の力を操るクリーチャーたち。
 世界に脅威が迫る中、ニックはミステリオをピーターに引き合わせる。異次元から来たという彼もまた、ピーターと共に敵に立ち向かっていく。そしてこの戦いに、ソーやキャプテン・マーベルの力は借りられない。
 ピーター=スパイダーマンはこの危機にどう立ち向かうのか――今、世界は彼に託される……!
------------------------------------------------------------------


 アベンジャーズの「エンドゲーム」後の世界。
 もう、アイアンマンはいない。さあ、どうなる?
 という盛り上がる状況なのだが、話のスケールはそれほど大きくない。
 2週間のヨーロッパ研修旅行を、ニック・フューリーにジャックされるという設定。
 うまくアイアンマンの世界観を引き継いでると思う。

 ストーリーは、一難去ってまた一難。
 話が二転三転して、さらに、どんでん返しも待っている。
 最後の最後まで気が抜けない。



 129分。

 このエンディングだと、当然、次の作品も作られるはず
 ピーターがどんなふうに成長しているのか楽しみだ。


スポンサーサイト





テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

タグ : ニック・フューリー エンドゲーム アベンジャーズ ファー・フロム・ホーム スパイダーマン スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム ピーター・パーカー

06:00  |  映画・テレビ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2020.01.16 (Thu)

コーヒーが冷めないうちに



 タイプスリップものの映画。
 ただし、時間の移動ができるのは、コーヒーが冷めてしまうまでの間だけ。

   『 コーヒーが冷めないうちに 』

------------------------------------------------------------------
 舞台は、とある街のとある喫茶店。店内の【ある席】に座ると、望んだとおりの時間に戻ることができるという。ただし、そこには『過去に戻って、どんな事をしても、現実は変わらない。』や『過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから、そのコーヒーが冷めてしまうまでの間だけ。』などのいくつかのルールがあった。
 誰もが一度は経験のある「もしも、あの時に戻ることができたら……」という《後悔》の思い。様々な《後悔》を抱えた客たちが、今日も店を訪れる。
------------------------------------------------------------------


 時間移動には、他にも面倒なルールがたくさんある。
 そのルールは、最初からあったものなのか、経験として得られたルールなのか、見ている者にはよくわからない。
 そもそも、なぜ、コーヒーを飲んだだけで、時間移動ができるのかもわからない。
 ともかく、時間移動ができるのだ――という設定。

  有村架純、波瑠、林遣都、吉田羊、松重豊、薬師丸ひろ子、石田ゆり子など、人気の俳優をそろえている。



 116分。

 4つのお話が展開された。
 最後の話の時間移動が、かなりの「大技」。
 私は、レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙の映画『インセプション』を思い出したほどだ。

 主人公の数(有村架純)が、ずっと同じピアスをしていたような。何か意味があるのかと思った。



テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

タグ : インセプション 薬師丸ひろ子 石田ゆり子 松重豊 吉田羊 波瑠 有村架純 コーヒーが冷めないうちに タイプスリップ

06:00  |  映画・テレビ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2020.01.13 (Mon)

歌えなかったラヴ・ソング



 今年最初の「曲紹介」です。
 みなさん、覚えているから?
 ちょうど、『東京ラブストーリー』が放映中にリリースされています。

   織田裕二 『 歌えなかったラヴ・ソング 』
    作詞:真名杏樹  作曲:都志見隆
    歌詞

 この曲は、織田裕二の3枚目のシングル。
 リリースは、1991年の2月。

 織田裕二の人気に火が付いて、この曲も大ヒット――という見方もあるが、曲自体もとてもよい。主税を入れて作られているのがわかる。

   最終日のゼミは長く 俺たちは汗ばみながら
   胸の中で卒業までの日々を数えてた


 この歌の主は、大学4年生でもうすぐ卒業だとわかる。
 つまり、この曲は、『東京ラブストーリー』とは関係がない。

 でも、売れた、
 オリコンでは、最高3位。57.5万枚の売り上げを記録。

   90年代のラヴ・ソングを贈ろう
   消えちまったあの涙に 俺の中でそっとそっと


 「90年代」のところは、「ナインティーズ」とよむ。
 まさに、この曲が、「90年代のラヴ・ソング」。

 では、聞いてください。
 残念ながら、織田裕二がステージで歌っているという動画は見つからず、でも、下の動画なら雰囲気がわかると思います。



 織田裕二は、現在52歳。
 暴走族をやったり、刑事をやったり、外交官をやったり、キャスターをやったり、私たちを楽しませてくれている。



テーマ : 懐かしい歌謡曲 - ジャンル : 音楽

タグ : キャスター 外交官 暴走族 90年代 歌えなかったラヴ・ソング 織田裕二 東京ラブストーリー

06:00  |  映画・テレビ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2020.01.09 (Thu)

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け



 ついに完結!
 年末に見に行きたかったのだけどタイミングが合わず、年が改まってから見に行きました!

   『 スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け 』

------------------------------------------------------------------
 かつて銀河に君臨していた祖父ダース・ベイダーに傾倒し、その遺志を受け継ぐべく、銀河の圧倒的支配者へと上り詰めた、スカイウォーカー家の一人でもあるカイロ・レン。
 そして、伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの強い意志を引き継ぎ、類まれなフォースを覚醒させたレイ。
 新たなるサーガを担う若者二人の運命が、この物語の行く末を担っている。
 二人の運命を左右し、このクライマックスの行く末を共に迎えるのは、R2-D2、C-3PO、BB-8ら忠実なドロイドと共に銀河の自由を求めて戦い続けるルークの双子の妹レイア将軍、天才パイロットのポー、元ストームトルーパーのフィンらレジスタンスの同志たちと、今回初めて登場するBB-8のキュートな相棒“D-O(ディー・オー)”。
 はるか彼方の銀河系で繰り広げられるスカイウォーカー家を中心とした壮大な<サーガ>の結末は、“光と闇”のフォースをめぐる最終決戦に託された――。
------------------------------------------------------------------


 最初に『スター・ウォーズ』を見たのは、1978年だよ!
 当時の私は、まだ、16歳。
 なんだか、『スター・ウォーズ』と共に年齢を重ねてきた気がする。

 ネタバレはできない。
 レイの出自が明らかになる。
 カイロ・レンとレイは戦うことになるとは思ったが、こういう結末か~。

 『スター・ウォーズ』といえば、こういうシーン!――というのもきちんと入っていた。見る者を裏切らない作り。



 142分。

 ああ、終わってしまったか。
 でも、まだまだ作れそうな気がする。

 何せ、タイトルが、「The Rise Of Skywalker(スカイウォーカーの夜明け)」だもんね。これから始まるんだという感じがする。



テーマ : スターウォーズ - ジャンル : 映画

タグ : ジェダイ D-O BB-8 レイ ルーク・スカイウォーカー カイロ・レン ダース・ベイダー スカイウォーカーの夜明け スター・ウォーズ 完結

06:06  |  映画・テレビ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2019.12.26 (Thu)

新感染 ファイナル・エクスプレス



 2016年の韓国映画、ゾンビ物。
 原題は、『釜山行き』。
 簡単に言うと、高速で走る鉄道の中でゾンビが襲ってきて、襲われた人はゾンビ化する――という映画。

 だから、日本でのタイトルは、『新感染』。
 なんだか、ちょっとふざけている。
 原題は、『釜山行き』。


   『 新感染 ファイナル・エクスプレス 』

------------------------------------------------------------------
 ソウル発プサン行きの高速鉄道KTXの車内で突如起こった感染爆発。疾走する密室と化した列車の中で凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死――。
 そんな列車に偶然乗り合わせたのは、妻のもとへ向かう父と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして高校生の恋人同士……。果たして彼らは安全な終着駅にたどり着くことができるのか――?
 目的地まではあと2時間、時速300km、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘いが今はじまる。彼らの運命の行き先は……。
------------------------------------------------------------------


 とても、面白かった!
 いかにもB級映画……みたいなタイトルにしなければいいのに……。

 主要人物が、どんどんゾンビ化。
 普通の映画なら、そうならないよね……という流れが、なかなかだ。



 118分。
 アメリカでのリメイクが決まっているそうな。



テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

タグ : パンデミック 感染爆発 KTX 新感染 ファイナル・エクスプレス釜山行き ゾンビ 韓国映画

06:00  |  映画・テレビ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT