04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月  |HOME管理

2017.05.25 (Thu)

キング・オブ・エジプト



 きっと面白い映画なんだろうなとは思っていた。
 でも、タイトルが『キング・オブ・エジプト』。つまり、「エジプトの王様」。あまりのストレートさに、二の足を踏んでいた。


   『 キング・オブ・エジプト 』

------------------------------------------------------------------
 古代エジプト。神と人間が共生する世界で、エジプトの王座をかけたバトルが勃発した。
 鍵を握るのは、奪われた恋人を救うため立ち上がった盗賊の青年ベック。
 巨大ピラミッドの迷路に迷い、スフィンクスに謎をかけられ、神々に翻弄されながら、<神の眼>を盗み出し、エジプトの天下取りを目指す!
------------------------------------------------------------------


 で、原題を調べてみたら、これがなんと“Gods of Egypt”。つまり、「エジプトの神々」。
 ストレート過ぎるという点では、こちらも引けを取らない。

 映画を見ると、まさに王様の話でもあり、神様の話でもあり、どちらでもタイトルとしては問題ない。

 舞台は、古代エジプト。
 ハラハラドキドキ、本当に楽しめる映画です。
 疲れているときには、こんな映画がよい。
 神様がいっぱい登場してきて、私は一時的にエジプトの神様に詳しくなった。

 ジェラルド・バトラーが出ている。
 今回は悪役なんだけど、こういう映画にはぴったり!
 『300』を思わせる活躍。



 127分

 最後までみて、あ、そうかと思った。
 ジェラルド・バトラーはこの映画と同じ年に、『エンド・オブ・キングダム』の主役をやっている。

   『エンド・オブ・キングダム』
   『キング・オブ・エジプト』

 この関連を狙って、日本でのタイトルを『キング・オブ・エジプト』にしたのではないかと推測しました。
 実際のところはどうなんだろう?

スポンサーサイト


テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

タグ : コートニー・イートン ニコライ・コスター=ワルドー チャドウィック・ボーズマン ブレントン・スウェイツ ジェラルド・バトラー 古代エジプト キング・オブ・エジプト ホルスの眼

06:00  |  映画・テレビ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.05.18 (Thu)

スポットライト 世紀のスクープ



 2015年のアカデミー賞作品賞と脚本賞を受賞した作品。
 見なきゃ見なきゃと思っていたら、今頃になった。


   『 スポットライト 世紀のスクープ 』

------------------------------------------------------------------
 暗闇にひときわ輝く、希望の光。
 2002年1月、米国の新聞『ボストン・グローブ』が、カトリック教会の信じがたい実態を報じた。数十人もの神父による児童への性的虐待を、教会が組織ぐるみで隠蔽してきた衝撃のスキャンダル。その許されざる罪は、なぜ長年黙殺されたのか。
 《スポットライト》という名の特集記事を担当する記者たちは、いかにして教会というタブーに切り込み、暗闇の中の真実を探り当てたのだろうか?
------------------------------------------------------------------


 軽くない、見応えのある作品でした!
 日本の新聞の今はどうなんだろう?

 私は本当に心配です。偉そうには言えないけど……。
 「心配になってきました」ではなく、以前から心配しているのです。

 なんだか最近の日本の政治がきな臭いですから、今こそきちんと報道をしてほしいと切に願います。



 128分

 無駄な部分がほとんどないので、この時間で収まっている。
 すばらしいと思う。



テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

タグ : ボストン トム・マッカーシー マイケル・キートン マーク・ラファロ ボストン・グローブ アカデミー賞 スポットライト 世紀のスクープ

06:00  |  映画・テレビ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.05.11 (Thu)

シビル・ウォー



 まあ、この映画の中で誰が主人公なんだと聞かれれば、一応、キャプテン・アメリカなんです。でも、映画のタイトルに『キャプテン・アメリカ』と銘打つのはどうかなと思うほど、アイアンマンをはじめとするヒーローがたくさん出てくるので、「アベンジャーズ」というタイトルのほうがよいのではと思いました。

   『 シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ 』

------------------------------------------------------------------
 人類の平和を守るためのアベンジャーズによる戦いは、全世界に拡大。
 多くを救う反面、その人的・物的被害は膨大なものになり、ついにアベンジャーズは国際的な政府組織の管理下に置かれる事態に。
 一般市民を危険にさらしたという、罪の意識を持つアイアンマンことトニー・スタークと自らの行動は自らが決めるべきという信念のキャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャースは、それに強く反発する。
 彼らの対立が生み出す一触即発の緊張の中、壮絶なテロ事件が発生。
 犯人として、キャプテン・アメリカのかつての親友ウィンター・ソルジャーことバッキーが指名手配された。
 “過去”を共にした無二の親友か、未来を共にするはずのアイアンマンら仲間との友情か。
 ふたつの絆で揺れるキャプテン・アメリカの決断は、最強チーム<アベンジャーズ>を二つに引き裂く“禁断の戦い"を告げるものとなるのだった…
------------------------------------------------------------------


 まあ、次から次からヒーローが登場します。
 アントマンやスパイダーマンまで出てくるので、驚いた。

 一方、ソーやハルクは出てこない。
 どういう事情があったんだろう?

 物語は、アイアンマン陣営とキャプテン・アメリカ陣営に分かれてヒーロー達がぶつかり合う流れ。
 どういう設定にすればそんなことがおこるのかと考えていたのだが、対立を生むようにうまくストーリーが作られていた。

 これはなかなか面白い映画だった。
 キャプテン・アメリカがこんなに強いとは知らなかった。



 147分

 スパイダーマンがシリーズに登場するのはこれが初めて。
 この夏には『スパイダーマン:ホームカミング』が公開される。



テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

タグ : スパイダーマン:ホームカミング スパイダーマン アントマン トニー・スターク スティーブ・ロジャース シビル・ウォー アベンジャーズ ヒーロー アイアンマン キャプテン・アメリカ

06:00  |  映画・テレビ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.05.04 (Thu)

ジェイソン・ボーン



 「ボーン・シリーズ」の5作目にして、主人公の名前がそのまま映画のタイトルになった。
 4作目の『ボーン・レガシー』には、たしかジェイソン・ボーンが登場してなかったと思うから、ジェイソン・ボーンが登場するのは『ボーン・アルティメイタム』(2007)依頼と言うことになる。

 いつものことだが、なかなか映画館に行けず、今回もDVDでの鑑賞。


   『 ジェイソン・ボーン 』

------------------------------------------------------------------
 ボーンが消息を絶ってから何年もの歳月が経過したある日、元同僚であるニッキーはボーンを見つけ、彼にある真実を告げる。
 それはCIAが世界中の情報を監視し、技術開発やテロ活動までをも裏で操作することを目的とした、恐ろしい極秘プログラムが始動したというものだった。
 姿を現したボーンの追跡を任されたCIAエージェントのリーは、彼が最も求めているものを提供すれば、再びCIA側に取り込めるのではないかと考え始める。
 しかし“史上最も危険な兵器”であるボーンは、追跡者が想像すらできない、ある目的を持って動いていた……。
------------------------------------------------------------------


 うまく言えませんが、ジェイソン・ボーンが出ていた過去の3作品とはどこか違う感じがします。
 面白かったのですが、なんだか無理に面白くしようとしているような……。
 私が「ジェイソン・ボーン」に期待しすぎているのかもしれません。
 もうちょっと、ボーンの「弱い面」を見たい気がいます。



 124分

 そういえば、この映画、どんでん返しがなかったと思います。
 びっくりしたかったな。

 続編は……、このあとどうするかな~。
 極秘の困った計画が進行していて、それを偶然に知ったボーンが計画阻止のために奔走する。しかし、その計画はじつは――って感じかな。



テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

タグ : CIA ボーン・アルティメイタム ジェイソン・ボーン ボーン・レガシー ボーン・シリーズ

06:00  |  映画・テレビ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.04.27 (Thu)

ズートピア



 やられた!
 これが、ディズニー映画!?
 やるではないの!
 早く見ればよかった!

   『 ズートピア 』

------------------------------------------------------------------
 動物たちの「楽園」ズートピアで、ウサギとして初の警察官になったジュディ。でも、ひとつだけ問題が……。警察官になるのは通常、クマやカバのように大きくてタフな動物たちで、小さく可愛らしすぎる彼女は半人前扱いなのだ。
 だが、ついにジュディも捜査に参加するチャンスが! ただし、与えられた時間はたった48時間。失敗したらクビで、彼女の夢も消えてしまう……。頼みの綱は、事件の手がかりを握るサギ師のキツネ、ニックだけ。
 最も相棒にふさわしくない二人は、互いにダマしダマされながら、ある行方不明事件の捜査を開始。だが、その事件の背後にはズートピアを狙う陰謀が隠されていた……。
------------------------------------------------------------------


 ウサギとキツネがバディを組んだところで、ディズニー版『あらしのよるに』かと思った。
 ところが、仲良く暮らしていた仲間が凶暴化し襲ってくる話になってきて……、そんなホラー映画はいっぱいありますよね。

 さらに、この映画、本当に「謎解き」がある。
 映画の途中で、市長が交代なんかして、いつの間にか『24』の雰囲気すら醸し出している。
 そして、ウサギとキツネがテロの計画を阻止するために大活躍!
 スゴイじゃん、ディズニー映画!



 108分

 ぜひ、続編が欲しいところ。
 この二人(二匹)に、ズートピアを襲う巨大な悪に立ち向かって欲しい!



テーマ : ディズニー映画 - ジャンル : 映画

タグ : 謎解き ホラー映画 あらしのよるに バディ キツネ ウサギ ニック ジュディ ズートピア ディズニー映画

06:00  |  映画・テレビ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME |  NEXT