01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月  |HOME管理

2017.02.16 (Thu)

ホーキング



 ベネディクト・カンバーバッチの時代がやってきた!――最近、私はそんな気がしている。
 最近では、『シャーロック』や『イミテーション・ゲーム』、そして『ドクター・ストレンジ』。
 私は、2013年の『スター・トレック イントゥ・ダークネス』が印象に残っている。

 今回紹介する作品は、映画館での作品ではない。2004年にイギリスのテレビで放映されたもの。
 日本では、10年過ぎた2014年にDVD化されている。


   『 ホーキング 』

------------------------------------------------------------------
 1963年、イギリス。ケンブリッジ大学院で理論物理学を学んでいるスティーヴン・ホーキングは、自宅で21歳の誕生日を迎えていた。ほのかに恋心を寄せるジェーンの存在と、彼の好奇心を満たす宇宙の研究。その将来は、順風満帆かに思えた。
 そんな中、突如スティーヴンは脳の命令が筋肉に伝わらないALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症。身体の筋肉は次第に衰弱し、余命は2年と宣告される。
 両親は、スティーヴンを支えるのは今まで通りの生活だと思い、彼を大学院に戻す。
しかしその身体は、溺れるように自由が利かなくなっていった。彼は、その恐怖を打ち消すかのように研究に没頭するが……。
------------------------------------------------------------------


 映画は、2人の博士がインタビューを受けるところから始まる。その話の内容が、いきなり「宇宙背景放射」。おお、なるほど、そう来たか!――って感じ。
 そして、若き日のホーキングの物語が始まる。



 90分。

 なんと言っていいのか、こんなにも真に迫って演技ができるものなのか!
 いやはや、役者という人たちは素晴らしいなと驚いてしまう。

 これが10年以上前の作品!
 アカデミー主演男優賞を受賞するのは、時間の問題だと思う。

スポンサーサイト


テーマ : 海外ドラマ - ジャンル : 映画

タグ : アカデミー主演男優賞 宇宙背景放射 ケンブリッジ大学院 スター・トレック ドクター・ストレンジ イミテーション・ゲーム シャーロック ベネディクト・カンバーバッチ

06:00  |  映画・テレビ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.02.10 (Fri)

『青い山脈』


   ※1953年の『青い山脈』
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 昨日のブログで、弘前の「太宰治 まなびの家」を紹介した。
 そこで、太宰治には直接関係がないと思われるポスターを発見した。
 それが上。『青い山脈』の映画のポスター

 宝田明、司葉子とある。
 調べてみると、これは、1957年の映画だとわかった。
 私はまだ生まれていない。

 しかし、『青い山脈』の映画化は、1957年が最初ではない。
 1949年にも製作されている。
 1949年版、1957年のどちらも、正編と続編がある。
 ヒット間違いなしということで製作されていることがわかる。

 残念ながら、1949年版のポスターはなかった。
 だから、ネット上から見つけてきた。


   ※1949年の『青い山脈』
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 実は、『青い山脈』の映画化はこの2回だけではない。


テーマ : 邦画 - ジャンル : 映画

タグ : 原節子 工藤夕貴 片平なぎさ 三浦友和 吉永小百合 司葉子 宝田明 太宰治 まなびの家 青い山脈

00:10  |  映画・テレビ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.02.02 (Thu)

ちはやふる -下の句-



 大学というところは、3年生、4年生がゼミに所属するのですが、この時期、現2年生が自分たちの研究室を決める時期でもあります。私のゼミに何名か入ってきました。

 で、現ゼミ生と新ゼミ生の顔合わせと親睦を兼ねて「百人一首大会」を行うことにしました。
 何人かは『ちはやふる』を読んだり、見たりしていて、以前よりも百人一首が身近になっているようです。


   『 ちはやふる -下の句- 』

------------------------------------------------------------------
 感動の二部作、ついに完結。
 舞台はいよいよ全国大会へ。
 新に東京都大会優勝を報告する千早に、思わぬ新の告白「かるたはもうやらん……」。
 ショックを受ける千早だが、全国大会へ向けて仲間たちと懸命に練習に励む。
 そんな中、千早は、同級生ながら最強のクイーンと呼ばれる若宮詩暢(わかみやしのぶ)の存在を知る。全国大会の個人戦で詩暢と対決する可能性がある。
 新に「強くなったな」って言われたい、詩暢に勝てばもう一度新とかるたを取れるかもしれない……。クイーンに勝ちたい! 新に会いたい! 千早の気持ちは次第に詩暢にとらわれ、「競技かるた部」の仲間たちから離れていってしまう。
 そして、そんな千早の目を覚まさせようとする太一。千早、太一、新の気持ちが少しずつすれ違っていく……。
 今、泣きたくなるほど熱いクライマックスの、幕が上がる―!!!
------------------------------------------------------------------


 まあ、私としては、現ゼミ生が「こんなにすごいのだぞ!」という貫禄を新2年生に見せたいわけで、あらかじめ現ゼミ生には百人一首を暗記させたり、練習させたり、努力をしたわけです。
 覚えれば覚えるほど、取れる札が増えてくるので、楽しくなります。

 で、先日、いよいよ百人一首大会が行われました。



 102分。

 練習の回も合って、現ゼミ生が大差で勝利。
 「ちはやぶる……」などは、「ちは」だけで取ってくれました。これでこそ百人一首です。
 楽しい機会を持つことができました。

 またやりたいな――ゼミ生たちのそんな雰囲気を強く感じることができました。
 百人一首って、いい文化だなぁと思います。



テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

タグ : 千早 下の句 ちはやふる 百人一首 大学 ゼミ 上の句 広瀬すず

06:00  |  映画・テレビ  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2017.01.26 (Thu)

マギー



 ゾンビ映画。
 「マギー」とは、ゾンビにかまれてウィルスに感染してしまった少女の名前。
 主演はアーノルド・シュワルツェネッガー。

   『 マギー 』

------------------------------------------------------------------
 感染するとゾンビ化していく、壊死性ウイルスが爆発的に流行している近未来のアメリカ。田舎の小さな町に住む16歳のマギーも、このウイルスに感染する。
 その頃、当局は感染者たちを社会から隔離された特別病棟に収容していた。そこで、苦痛と危険に満ちた過程を経てゾンビへと姿を変えるが、その後、どうなるかについて、語られることはなかった。
 ウェイドは、感染の診断を下されて姿を消した娘のマギーを捜し出し、家族のもとへと連れ帰る。家には継母にあたるキャロラインと下の子2人がいる。ウェイドは、実母を数年前に失くした大事なマギーを可能な限り、手元に置こうと、隔離命令を持って現れた地元警察を追い返す。
 しかし、マギーの苦痛に満ちた変化は徐々に進化していき、キャロラインは2人の子供を連れて家を出た。ウェイドは1人、苦しむマギーを為す術もなく見守るだけだったが、決断の時は、迫っていた……。
------------------------------------------------------------------


 シュワルツェネッガーのゾンビ映画だということで、ゾンビが次から次に倒されていく――ってのを予想していましたが、完全に違ってました。静かなものです。
 でも、その静かなのが、かえって恐怖です。

 街がゾンビであふれかえっていたら……ではなく、我が娘がゾンビになっていくのを見ていることしかできない……。
 娘として守るのか……。ゾンビとして殺すのか……。これは、辛い。
 これでは、シュワルツェネッガーも戦えない。



 147分。

 明るいところがないままにストーリーは進んでいきます。
 スカッとしないシュワルツェネッガー主演映画、そういう映画もあるのですね。
 シュワルツェネッガーのこんな演技、初めて見たような……。



テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

タグ : 特別病棟 アーノルド・シュワルツェネッガー ウィルス マギー ゾンビ

06:00  |  映画・テレビ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.01.22 (Sun)

「macro」という名のラーメン


   ※西中島南方駅。
    ここから歩いて、阪急南方駅へ向かった。


 金曜日に「私は、焼きそばが好きだ」と言ったところだが、私はラーメンも好きだ。
 ただ、おいしいラーメンを訪ねて歩くほどではない。

 しかし、大学生の息子は、おいしいラーメンを提供する店を探す出すことを楽しみとしている。
 その彼が「ここのラーメンがいちばん」という店がある。
 昨日、阪急京都線南方駅から歩いてすぐのそのラーメン屋に家族で行った。

 このお店、看板も出てないし、暖簾に店の名前も入っていない。
 隠れ家的なラーメン屋なのか!
 それくらい、「自信あり」ということのなのか!


   ※人類みな麺類

 覚悟はしていたものの、店の前は長蛇の列。
 息子に寄れば、いつも列ができているとのこと。しかし、その彼でも、これほどまでに長い列を経験したことはないそうな。1時間くらい待つことになるらしい。

 ラーメンを食べるために1時間待つ!
 私は待つのが大嫌い。

 でもまぁ、息子が推薦のラーメンでもあるし、一度食べてみたいという気持ちの方がまさった。私は、寒風の中待ち続けたのであった。

 そんなお客さんのために、店の外にはストーブが置いてあったし(でも、火はついてなかった)、店員さんが携帯のカイロを配ってくれた。

 息子の予想通り、ほぼ1時間が経過した頃、ようやく店内に入ることができた。
 外観から想像が付かないほど、店内はスタイリッシュな造り。

 そして、私が注文したラーメンは……、


テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

タグ : スープ チャーシュー Mr.Children macro 人類みな麺類 ラーメン屋 隠れ家 南方駅

00:10  |  映画・テレビ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME |  NEXT