FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月  |HOME管理

2020.06.22 (Mon)

縦書き派



 前にも書いたかもしれないけど、私は短い文章を書くときには、「エディター」と呼ばれるソフトを使っています。
 1行の文字数や1ページの行数などの書式等がきちんと決められているときや、文字に装飾を付けたいときは、「一太郎」というワープロソフトを使っています。
 もちろん、word も使っていますが、私は「一太郎派」です。

 さて、今回気になったのは、「縦書き? 横書き?」です。
 みなさんは、どちらでしょうか?
 まあ、一太郎 も word も、どちらでも対応できるのですけどね。

 原稿用紙って、普通は縦書きです。
 印刷されて書店に並んでいる小説やエッセイは、ほとんど縦書きです。
 ということは、こういうものを書いている人は、縦書きで書いているのではないか?
 そのほうが便利なのかなって思ったのです。
 そんなことを、やっと気づきました。

 私は、過去に、何度か「縦書き」のできあがりの本や文章を求められことがあります。
 でも、私は、そのときですら、横書きで通しました。
 それくらい、(パソコンでの)縦書きは苦手です。
 どうしてもと言われたら、最終的に縦書きに変換して送るわけです。

 みなさんは、いかがでしょうか?

スポンサーサイト





テーマ : パソコン - ジャンル : コンピュータ

タグ : エッセイ 小説 原稿用紙 横書き 縦書き ワープロ 一太郎 エディター

06:00  |  パソコン、スマホ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2020.05.15 (Fri)

25人の顔



 ZOOM というアプリを使った授業の報告の続き。
 ZOOMの無料会員は、最大100名の会議を開くことができる。
 私は、91人の授業があるのだが、これでなんとかなる。

 91人もいると、パソコンの画面では、一度に全員の顔を確認できない。
 最大でも25人だったかな。
 だから、全員の顔を見るためには、画面を何回か切り替える必要がある。

 学生の顔は、大抵、カメラのすぐ前にある。
 教室で後ろの方に座っている学生の顔は小さくしか見えないが、ZOOMだと全員の顔をしっかりと確認することができる。
 こちらから問題を出したとき、悩んでいる様子がしっかりとわかる。
 これは、発見だった。
 もちろん、悩んでいない様子もしっかりとわかる。

 学生一人一人の顔を、真正面からこんなにまじまじと見るなんて、これまでなかった経験だ。
 私の顔も見られているのだが……。



テーマ : インターネット関連 - ジャンル : コンピュータ

タグ : 真正面 カメラ 91人 100名 無料会員 授業 ZOOM 25人の顔

06:00  |  パソコン、スマホ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2020.05.06 (Wed)

Google Classroom

 私は学生に偉そうに言うことがある。
 たとえば、決められた文字数の文章を書くときには、パソコンがよい。
 手書きのメリットももちろんある。
 ただ、パソコンには、それを越えるメリットがある。
 パソコンが使えるのに、それを使わないのは、今の時代、ある意味「とても贅沢」である――と。

 そんな私なのに、これまで使ってこなかった Webサービスがある。
 しかも、無料なのに!
 それが、Google Classroom だ。



 たとえば、100人の授業をしたとする。
 私は、授業の最後にワークシートを提出させる。
 それをチェックして、赤ペンでひとことを添えて、次週に返却する。
 しかし、こんな単純なことが、コロナ禍の中ではできないでいる。

 受講者は、Google Classroom上の私の「授業」の「受講者」となり、そこから、ワークシートの写真を「提出」する。
 これだけでも、とてもありがあい。

 提出されたワークシートは、自動的に集められて、私がチェックすることができる。
 そこで、点数も付けられるし、アドバイスがあれば、その学生に直接送ることができる。

 こういうことに、これまでは1週間かかっていたのだ。
 コレは便利! 学生は来週まで待たなくてよいのだ。
 私さえ頑張れば、当日のうちにできてしまう。

 先日も、90枚近くのワークシートに、すべてコメントを返した。
 赤ペンで自筆するよりも、パソコンで書く方が便利。
 しかも、履歴も残る。

 これは、なかなかよい機能だと思っていたら、私宛に学生からたくさんのメールが。
「ああ、やっぱり、Google Classroom の使い方をミスしていて、戻って来たのか……」
と落胆していたら、学生からの返事だった。

 そうか、学生からも私に気軽に声を届けることができるのか。
 ほとんどが、「ありがとうございます」、「面白かったです」という内容だったが、中には質問もあった。

 ふむふむ。
 これは、よい。
 なぜ、もっと早く使わなかったのか! 私も、「贅沢」をしていたな。



テーマ : インターネット関連 - ジャンル : コンピュータ

タグ : 質問 提出 授業 コロナ禍 赤ペン ワークシート GoogleClassroom 贅沢 手書き パソコン

06:00  |  パソコン、スマホ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2020.04.24 (Fri)

オンライン授業



 私の大学では4/21(火)から前期の授業がスタートした。
 例年よりも2週間、遅くなった。
 もちろん、コロナの影響だ。

 神奈川県には「非常事態宣言」が出されているので、もちろん、学生は大学にきていない。
 だから、「オンライン授業」を行うことになる。

「オンライン授業」っていっても、実は、いくつかの種類がある。

 (1) クラウド上に課題を置いておき、学生がそれに取り組む
 (2) クラウド上に授業の動画を置いておき、学生がそれを見て課題に取り組む
 (3) ネット回線を使ってリアルタイムで授業を行う。


「オンライン授業」というと(3)だと思われる方が多いが、そうではない。
 ただ、私は(1)はやりたくない。(3)をやりたい。
 そのために、4月に入ってからここまで、かなり自分のスキルを積み上げた。

 しかし、学生はオンラインでの授業に慣れていないだろうから、最初の1,2回は(2)を使おうかと思っている。

 今日の授業も(2)で行った。
 パワーポイントに音声を入れて、それを動画化したものを使った。
 その作業にもずいぶん慣れた。
 しかし、1回の授業を作るのに、2~3倍の時間が必要になる。
 クオリティをある程度のところで我慢せねばならない。


 動画授業を見た学生からは、思った以上に好評の声が届いた。

   ・自分のペースで見られる。
   ・考えたいときには止められる。
   ・わかりにくいときには、もう一度見られる。
   ・質問はメールですればいい。


――なるほど、メリットはあるわけだ。

 本来は、(3)で行うべきであろう。
 しかし、時と場合によっては、(2)もありだとわかった。



テーマ : パソコン - ジャンル : コンピュータ

タグ : 動画化 パワーポイント クラウド オンライン授業 前期の授業

06:00  |  パソコン、スマホ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2020.04.15 (Wed)

Webカメラ と イヤホン

 昨日も「 Zoom 」を使って、教員採用試験に向けての勉強会をした。
 私も学生たちも、かなり慣れてきた。

 近頃は、世間でも「 Zoom 」というアプリを知っている人が増えてきたようだ。
 「 Zoom 飲み 」は、よく聞く。

 昨日は、「 Zoom ファッション」っていう言葉を聞いて、なるほどと思った。Zoom だと上半身しか映らないから、下半身はラフなかっこうでも大丈夫。
 「 Zoom 映え」という言葉もあるそうな。



 さて、「 Zoom 」の利用が増えてきて、私はWebカメラが欲しくなった。
 パソコンのディスプレーに内蔵しているカメラだと、どうも私の視線と角度が会わないのだ。
 なくてもできなくはないが、角度が調節できる Webカメラがあれな便利だ。

 それと、イヤホン。
 普段、研究室でイヤホンを使うことはあまりないし、あってもコードのついたイヤホンで十分だった。
 しかし、Zoom会議中に立ち歩くこともある。その際にも、会議の音は聞いていたい。
 だから、ワイヤレスのイヤホンが必要。
 Bluetooth のイヤホンがほしい。

 まとめると、Webカメラ と イヤホン がほしい。
 高いのは要らない。最低限の必要な機能があればいい。

 ところが、この時期、同じようなことを考えている人が多いのだろう。
 どこのネットショップでも、在庫切れ状態。
 本当に、テレワークが増えているんだ、外出しない人が増えているんだと実感した。



テーマ : PC周辺機器 - ジャンル : コンピュータ

タグ : イヤホン Webカメラ 上半身 Zoom映え Zoomファッション Zoom飲み 教員採用試験 Bluetooth

06:00  |  パソコン、スマホ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT