05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月  |HOME管理

2017.06.23 (Fri)

保土ヶ谷宿

 下の絵は、ご存じ歌川広重の『東海道五十三次』の保土ヶ谷宿。
 この絵に描かれて橋は「帷子橋(かたびらばし)」というのだが、この橋は現在どうなっているか?


    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 現在でも、帷子橋はあります。
 しかし、河川改修工事があって川筋が変えられた変えられたので、帷子橋の位置が変わっています。
 今回、(新しい)帷子橋は見に行きませんでした。

 では、帷子橋があった場所は、現在、どうなっているか?
 それを見に、相鉄線の天王町駅へ行ってきました。


    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。

スポンサーサイト


テーマ : 神奈川 - ジャンル : 地域情報

タグ : 保土ヶ谷駅 天王町駅 東海道五十三次 歌川広重 帷子橋 保土ヶ谷宿

00:10  |  神奈川  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2017.06.22 (Thu)

超高速!参勤交代 リターンズ



 前作、『超高速!参勤交代』はとても面白かった。
 面白かったけど、まさか、続編が作られるなんて、想像はできなかった。
 「やるね~」と言いたい。


   『 超高速!参勤交代 リターンズ 』

------------------------------------------------------------------
 江戸時代、老中・松平信祝の差し金により幕府から突然参勤交代を命じられた磐城国(現在の福島県いわき市)の湯長谷藩。金も人手も時間も無い中、知恵と工夫でなんとか江戸への参勤を果たすが、故郷へ帰る「交代」までが「参勤交代」。藩主の内藤政醇率いる一行は、湯長谷を目指し江戸を出発する。
 あとは帰るだけ、と思ったのも束の間、その道中、湯長谷で一揆が起きたことを耳にする。政醇たちに打ち負かされた信祝が、さらに大きな権力と最強の刺客を手に入れ、湯長谷藩を壊滅させようと逆襲を始めたのだった。
 一揆を収めるためには、2日以内に藩に帰らなくてはならず、さらに「交代」には大名行列も必要になる。彼らは行きの倍の速さで走り、宿役人の目を晦ましながら、命からがら湯長谷に辿り着くが、すでに城は乗っ取られ、田畑は踏み荒らされた後だった――。
 城を取り巻くおびただしい数の幕府軍、対する湯長谷藩はたったの7人。
 ふたたび絶対絶命に陥った湯長谷藩。果たして彼らは城を取り戻し、民を守ることができるのか――?
------------------------------------------------------------------


 前作に出ていた人物は、ほぼ踏襲。
 そういう意味では、前作を見ていた方が楽しめる。
 しかし、まあ、話の展開が早い、早い。さすがに超高速!

 湯長谷藩7人が幕府軍千人を相手に、「勝ち」に行っているのにはびっくり。
 まあ、あの戦い方しかないなと私も思っていた。



 119分

 悪役老中役に、陣内孝則。
 こういうの昔から上手だな~っと思う。

 そうそう。
 映画のサイトに、「1分でわかる参勤交代」というのがあった。
 こちらも面白いので、紹介します。
 何しろ、1分でわかります。





テーマ : 日本映画 - ジャンル : 映画

タグ : 深田恭子 佐々木蔵之介 陣内孝則 湯長谷藩 超高速!参勤交代リターンズ 西村雅彦 超高速!参勤交代

06:00  |  映画・テレビ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.06.21 (Wed)

ジカモリ

 「ジカモリで」
 確かにそう聞こえた。今までに聞いたことがない言葉だった。

 聞いた場所は、とある牛丼屋さん。
 牛丼屋さんに入ったのが久しぶりだったので、私が牛丼を食べていない間に、新しい用語が生まれていたようだ。

 そのお客さんは牛丼のテイクアウトを希望した。
 そしたら、店員さんが何か尋ねた?
 「○○ですか、△△ですか?」
 そこが聞き取れなかった。
 しかし、お客さんの次の言葉は聞き取れた。
 「ジカモリで」。

 何なんだ「」とは?
 「メガモリ」「ギガモリ」のたぐいか?


    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 私が振り返ると、そこに上の案内が貼られてあった。
 なるほど、ご飯の上に具を直(じか)に乗せるか、ご飯と具をわけるか?
 分けるほうは「セパレート」と呼ぶらしい。
 「直盛り」に対抗するなら「別盛り」のような気がする。

 何にしろ意味がわかったので、落ち着いて牛丼を食べることができた。



テーマ : 丼物 - ジャンル : グルメ

タグ : 別盛り 直盛り セパレート メガモリ テイクアウト 牛丼屋 ジカモリ

06:00  |  料理、食事  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2017.06.20 (Tue)

銅像クイズ in 吉祥寺


    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 1ヶ月ほど悩んだ末に、出題することにしました。
 今日は、「銅像クイズ」です。

 生まれはタイ。
 昨年(2016年)の5月に66歳で亡くなりました。
 人気者だったので、翌年(つまり今年2017年)の5月に像が造られました。

 この像がそんなに最近にできたとは知らず、きっと生前からあったのだと思っていました。

 難易度としては、「易・中・難」の「易」です。
 この銅像があるのは、JR吉祥寺駅前です。


テーマ : 東京23区 - ジャンル : 地域情報

タグ : 銅像クイズ 吉祥寺 人気者 タイ 武蔵野市 井の頭自然文化園 ゾウのはな子 ナンバープレート

00:25  |  東京  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.06.19 (Mon)

♪ガラス越しに消えた夏



 シャネルズやラッツ&スターでヒット曲を連発していたから、これがソロでのデビュー曲だと聞いても、新鮮味は薄かった。
 しかし、デビュー曲でこれだけの曲、これだけの歌唱力となると、これはを売れて当たり前だったのかもしれない。


   鈴木雅之 『ガラス越しに消えた夏』
    作詞:松本一起  作曲:大沢誉志幸
    歌詞

 この曲は、1986年の2月にリリース。
 日清食品の「カップヌードル」のキャンペーンソング。
 この曲を使うのだから、カップヌードルというものの「格」が数ランクアップしたような気がした。カップヌードルがかっこよく見えた。

   やがて夜が明ける 今は冷めた色
   次のカーブ切れば あの日消えた夏


 静かに曲はスタートする。
 いい感じだ。

 大ヒットしたわけではない。
 オリコンで、最高15位。
 だけど、それ以上の記憶が残っている。たまにラジオでかかると、うれしくって仕方がない。もちろん、最後まで聞く。
 この曲は、そういう曲だ。

   サヨナラを繰り返し 君は大人になる
   ときめきととまどいを その胸にしのばせて


 「サヨナラを繰り返し」からのフレーズが、聞いたときのそれぞれのタイミングで心に突き刺さる。
 そうなんだよなと思う。

 聞いてみてください。
 何かズシンと来ると思います。



 鈴木雅之は、1991年に『紅白歌合戦』に初出場したとき、この曲を歌っている。
 また、去年(2016)のレコード大賞では、最優秀歌唱賞を受賞して、やはりこの曲を歌っていた。



テーマ : 懐かしい歌謡曲 - ジャンル : 音楽

タグ : 最優秀歌唱賞 紅白歌合戦 サヨナラを繰り返し君は大人になる カップヌードル 大沢誉志幸 ガラス越しに消えた夏 ラッツ&スター シャネルズ 鈴木雅之

06:00  |  音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT