FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月  |HOME管理

2018.12.10 (Mon)

♪ドリームラッシュ



 宮沢りえのデビュー曲です。
 彼女が歌手としてデビューしていたことを知らない人も多いでしょうから、一度は聞いてくださいってことで。


   宮沢りえ 『 ドリームラッシュ 』
    作詞:川村真澄  作曲:小室哲哉
    歌詞

 リリースは、1989年9月。
 作曲は、小室哲哉。
 すでに、人気が確立していた段階でのデビューだったので、曲作りにはそのほうがプレッシャーがかかったかもしれないなぁと想像する。

   きらめくレールを照らして wow wow wow
   スピード上げてくサブウェイ wow wow wow


 なんとこの曲は、『ザ・ベストテン』にランクインしている。
 それが、なんと1989年9月28日放送の『ザ・ベストテン』の最終回の1回だけ!
 私はこれを見ている。出演はしてなかったけど、ビデオは流れていた。

 まあ、とにかく聞いてください。



 このときの宮沢りえは16歳です。
 旦那は、V6の森田クン。

スポンサーサイト


テーマ : 懐かしい歌謡曲 - ジャンル : 音楽

タグ : V6 森田剛 ザ・ベストテン 小室哲哉 ドリームラッシュ デビュー曲 宮沢りえ

06:00  |  音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.12.09 (Sun)

テルルの上の元素


    テルルの電子配置(Wikipedia)

 10月30日のブログで、原子番号52番の元素、テルルを紹介しました。
 元素記号は、Te 。 
 発見されたのは、1782年です。
 この元素の語源は、「地球」です。

 では、元素周期表で、テルルの真上にあるる、34番の元素は何でしょう


テーマ : 自然科学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 34番 セレン イェンス・ベルセリウス 月の女神 セレネ Se 地球 元素 原子番号 テルル

00:10  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2018.12.08 (Sat)

たくさんの約数を持つ数

 面白い問題を思いついた。
 たとえば、1桁の整数で、もっとも約数をたくさん持っている数は何だろうか?

 相手が1桁だから、しらみつぶしに調べてみればいい。
 答えは、6と8。
 それぞれ、4個の約数を持っている。



 では、2桁の整数の中で、約数を最もたくさん持っているのは何か?
 これも、答えを知っている。2桁の整数くらいなら、過去にほぼすべての数の約数の個数を求めた経験があるからだ。


テーマ : 数学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 約数 整数 合成数 素数 2桁の整数

06:00  |  数学  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2018.12.07 (Fri)

エッシャー展


   ミラクル エッシャー展
    ※画像をクリックすると、大きな画像を見ることができます。


 大阪のハルカス美術館で開催中の「エッシャー展」に行ってきました。
 続き模様のような絵や無限に続くような階段、なんだか不思議な絵で有名な人ですよね。
 東京でもやっていたのですが、混雑を避けるために大阪での開催を待っていました。

 エッシャー(1898~1972)は、オランダ生まれの画家だったのですね。
 ほとんど、「不思議な絵」という知識だけしか持っていませんでした。


   Day And Night(1938)
    ※画像をクリックすると、大きな画像を見ることができます。


 エッシャーの作品を見てわかったこと。
 エッシャーは、不思議な絵ばかりを描いていたわけではない。
 しかし、どの絵も描写が細かいということは言えると思う。

 たくさんの絵を見て、解説も(いくつか)読んで、知らない言葉がたくさんあった。
 その中で気になったのが、この2つ。

   ・カウンタープルーフ
   ・メゾティント


 多分、美術用語だと思うのだけど、皆さんご存じですか?


テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 野老朝雄 メゾティント カウンタープルーフ 不思議な絵 オランダ ハルカス美術館 ミラクル エッシャー展

00:10  |  芸術  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.12.06 (Thu)

女神の見えざる手




 ロビイストの活動をテーマにした映画を見るのは初めてかもしれない。
 しかも、ただのロビイストではなく、やり手過ぎるロビイスト。
 政治の裏の世界を描いているドラマだ。

   『 女神の見えざる手 』

------------------------------------------------------------------
 大手ロビー会社で辣腕をふるうエリザベス(ジェシカ・チャステイン)は、銃擁護派団体から仕事を依頼される。女性の銃保持を認めるロビー活動で、新たな銃規制法案を廃案に持ち込んでくれというのだ。
 信念に反する仕事はできない……。エリザベスは部下を引き連れ、銃規制派のシュミット(マーク・ストロング)の小さなロビー会社へ移籍。奇策ともいえる戦略によって、形勢を有利に変えていく。
 だが、巨大な権力をもつ敵陣営も負けてはいない。エリザベスの過去のスキャンダルが暴かれ、スタッフに命の危険が迫るなど、事態は予測できない方向へ進んでいく……。
------------------------------------------------------------------


 やられた!
 目的の達成がもうだめだと映画を見る側に思わせておいて、それでも最後にしっかりとどんでん返しがある――この手の映画は、そうに違いないと映画を見ている側はわかっているのだが、それでもやはり、かなり諦めて、別のエンディングを予想してしまう。
 そういう映画だ。

 しずかな、しかし劇的なエンディングに拍手。
 面白かった。
 しかし、あまり後味は良くない。



 132分

 原題は「Miss Sloane」、主人公のやり手の女性ロビイストだ。
 しかし、邦題は『女神の見えざる手』。
 う~ん、どっちがいいかな~。

タグ : エリザベス どんでん返し マーク・ストロング ジェシカ・チャステイン ロビイスト 女神の見えざる手

06:00  |  映画・テレビ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT