FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月  |HOME管理

2019.07.19 (Fri)

サターン・リターン


   サートゥルヌス(Wikipedis)
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 また、新しい言葉を知った。


   サターン・リターン Saturn return


 韻の踏み方が完璧で、まずそこに惹かれた。だから、この言葉を知ったときは、何度ももごもごと「サターン・リターン、サターン・リターン……」と何度もつぶやいてしまった。

 さて、「サターン・リターン」とは何か?
 「悪魔が戻ってくる」?
 そうですね、確かに「戻ってくる」のですが、そんな横溝正史みたいなことではありません。

 そもそも、悪魔の「サタン」は、「Satan [seitn]」です。「セイトゥン」って感じ。発音も綴りも違います。
 Saturn とは、ローマ神話の「サートゥルヌス」の英語名。また、太陽系のある惑星の名前でもあります。
スポンサーサイト

タグ : 厄年 公転周期 土星 カッシーニ ローマ神話 Satan 悪魔 横溝正史 サターン・リターン サートゥルヌス

00:10  |  言葉  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2019.07.18 (Thu)

アラジン



 実写版、見てきました!
 アニメ版は、1993年の夏に子どもを連れて見に行った覚えがある。

   『 アラジン 』

------------------------------------------------------------------
 貧しいながらもダイヤモンドの心を持ち、本当の自分にふさわしい居場所を模索する青年のアラジン(メナ・マスード)は、自由になりたいと願う王女のジャスミン(ナオミ・スコット)と、三つの願いをかなえてくれるランプの魔人ジーニー(ウィル・スミス)に出会う。
 アラジンとジャスミンは、身分の差がありながらも少しずつ惹かれ合う。二人を見守るジーニーは、ランプから解放されたいと思っていた。
------------------------------------------------------------------


 まあ、あれだけの映画の実写リメイク版なのだから、まちがいなく集客力はあるだろう。
 ただ、見る者の目のハードルが上がるのも確か。どうしてもアニメ版と比較することになる。
 私だって、見るか見ないか、かなり迷った。

 結局見に行ったわけだが、アニメ版のほうがよかった――とは思わずにすんだ。
 ジーニー役にウィル・スミスを当てたのは大正解!
 ジーニーは、私たちが勝手に上げていたハードルを簡単に飛び越えてきた。だけど、それでいて、なんだか控えめな活躍。



 109分。

 私は字幕版を見たのだが、吹き替え版ではジーニーの役を山寺宏一をやっているそうな。
 アニメ版でもジーニーの声を担当したわけだから、これは、まあ、当然と言えば当然。

 今回のエンディングでは、続編を作るのは難しいと思われるが、なんなりとやってしまうのだろうなぁ。



テーマ : 映画館で観た映画 - ジャンル : 映画

タグ : 山寺宏一 魔法の絨毯 リメイク ジャスミン ウィル・スミス ジーニー ナオミ・スコット アラジン

06:00  |  映画・テレビ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2019.07.17 (Wed)

落雁手作り体験


   加賀藩御用菓子司 森八
    ※写真は、森八のサイトからお借りしました。


 金沢で何かを体験してみたい。
 そう思っていたので、由希子と「落雁手作り体験」へ。
 金沢駅からバスに乗って、「橋場」下車。バスに乗っている時間は、10分もありません。

   加賀藩御用菓子司 森八
   https://www.morihachi.co.jp/

 森八の本店に到着。
 予約していた時刻よりも早めだったので、先に2階の「金沢菓子木型美術館」を見学。
 落雁の木型が、それはそれは圧倒されるほどたくさん展示されていた。
 感動的!
 残念ながら、美術館は写真撮影は禁止でした。


   落雁の手作り体験
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 そして、落雁の手作り体験。
 日本人は私たちだけで、他はドイツからのご家族とどこの国の人か最後までわからなかった女性。


   落雁の手作り体験
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



   落雁の手作り体験
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 ま、作ること自体はそれほど難しくはなかった。そりゃそうだ。初めての人でもできるようなプログラムになっているのだから。
 私が体験したのは、小麦粉を練ったものを型にはめるところだけ。その型も先の美術館の木型に比べたら、とてもとても小さく簡単なもの。しかし、と言いつつも、落雁ができあがったら、とてもうれしいのだ。

 最後に、参加者で試食会。
 ああ、ホントに落雁だ!


   落雁のできあがり!
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



   落雁の試食
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。




テーマ : お菓子 - ジャンル : グルメ

タグ : 試食会 木型 金沢菓子木型美術館 金沢 手作り体験 落雁 加賀藩御用菓子司 森八

06:00  |  お菓子  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2019.07.16 (Tue)

put の使い方



 本当に久しぶりの「英語表現」です。
 先日、動詞「put」をこんなふうに使えるんだ――と感動した場面がありました。
 そのことを書きます。

 「put」といえば「~を置く」と反応していましたが、そんなふうに限定して意味を捉えているから、私の英語の力は伸びないのだと思いました。

 「put」の意味はもっと柔らかくて、「何かをどこかに配置する」、う~ん、これでもまだ表現が堅いなぁ。
 「put」は、コーヒーにミルクを入れるときにでも使えます。もっといえば、「put」の目的語は、「物」でなくてもよいのです。
 たとえば、こんな感じ。

   We can't put a price on our friendship.
   私たちの友情に値段は付けられない。


 では、次の文章はどういう意味でしょうか?

   The summer festival put our town on the map.

 文中の put が puts ではないのは、三単現の s を忘れているのではなく、過去形の put だからです。
 「put」を「~を置く」として訳せば、次のようになります。

   The summer festival put our town on the map.
   夏祭りが、私たちの町を地図に置いた。


 「地図に置く」とはどういうことでしょう?


テーマ : 英語 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 比喩 三単現 目的語 ~を置く put 英語表現

00:10  |  言葉  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2019.07.15 (Mon)

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生



 シリーズ2作目。
 1作目は映画館の4DXで見たのだが、そのときはなんだか気分が悪くなってしまった。
 2作目は、家でゆっくりとDVDで。


   『 ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 』

------------------------------------------------------------------
「ハリー・ポッター」新シリーズ最新作! 最強の敵の登場!!!
 世界的人気を誇る大ヒットファンタジー「ハリー・ポッター」シリーズ完結から5年を経て、新たに送りだされるシリーズ最新作。
 捕らえらえていた強大な敵“黒い魔法使い”グリンデルバルドが逃げ出したことを知ったニュートは、ホグワーツ魔法魔術学校の恩師ダンブルドア先生に頼まれ、 魔法界や人間界の支配を目論むグリンデルバルドを追って仲間とパリへと向かう!
------------------------------------------------------------------


 前作でとらえられたグリンデルバルドが、映画の冒頭で逃げ出すのだが、こちらは「逃げ出す」ということがわかっていて見ているので、もっとハラハラドキドキがあってもよかったかなと思う。
 グリンデルバルドはジョニー・デップが演じているのだが、そうだとわかっていても、「え? ジョニー・デップなの?」と思ってしまった。

 ひたすらかっこよく描かれているのが、ダンブルドア先生(ジュード・ロウ)。
 マクゴナガル先生も出てくるのだが、どの人がそうなのかわかりにくかった。

 ニュート(エディ・レッドメイン)の魔法の使い方は、なかなか芸術的。美しい。
 「優しい魔法」という感じがした。
 敵と戦うような魔法は、苦手なのではないか? 映画の最後で、戦うことを決意するが、ちょっと心配だ。



 134分。

 ニュートの胸ポケットに「ボウトラックル」という「小枝」のようなビーストがいるのだが、彼(?)は鍵を開けるのが得意という設定。
 私は最初、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のグルートかと思った。

 このシリーズは、全部で5作作られる予定だそうな。
 そういう意味では、2作目って難しいよなぁと思いました。
 今後はどういう話になるのかな?



テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

タグ : グルート ボウトラックル ニュート ジュード・ロウ ダンブルドア ジョニー・デップ エディ・レッドメイン グリンデルバルド ハリー・ポッター ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

06:00  |  映画・テレビ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT